プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/24 11:54 こゆび44

★舞台★『かもめ』私の初日

~6月21日ソワレ・赤坂ACTシアターにて~


藤原竜也さん出演の舞台『かもめ』の1回目の観劇でございます。
劇場が赤坂ACTシアターだと知った時、『エレファントマン』の時のあの半端でない観辛さを思い出して憂鬱だったのですが、改造されて随分と観やすくなっておりました。ただロビーはもの凄い混雑になりますけれど…。

さて『かもめ』。セットはとてもシンプルなもので、観客の感情喚起を促進するような効果音的な音楽もあまり使われていないので、役者さん達が頑張らないと睡魔に襲われる観客がいるかも…。と言うか、私の周りだけでも寝ている人達が何人かチラホラ…。
戯曲を読んだ時、作者の「これは喜劇である。」と言う言葉がどうにも納得出来なかったのですが、不思議なもので、役者が動いて文字に音声が入ると、ちゃんと笑えるのですねぇ…これが。但し作者は第4幕も喜劇と考えているようですが、4幕だけは私は何処にも喜劇性を見つけることは出来ませんでした。前半はわかるような気がするのです。恋も夢も生きることも人間が真剣になればなるほど、俯瞰すれば滑稽であると言うことが。また、どんなに悲惨なことにあっても、「…さし当たって…笑おうか…」と言った泣き笑いの精神もわかるような気もします(←私には出来ませんが…)。でも4幕だけは…それが見えないような…と言うか、ラストがそんな泣き笑いの思いを全て裏切ってしまうような…そんな感じがしました。これは私という人間が、まだまだそこまで達していないと言うことなのでしょうかねぇ…。

藤原さんのトレープレフ。私が想像していたトレープレフよりも随分と感情が流れているトレープレフでしたが、藤原さんの演技は1回観た限りでは特別新鮮なところはなかったように私は感じました。まぁそれだけそつ無くこなしていたと言うことでしょうけれど。
製作側は、トレープレフを主役に持ってきたようですが、私にとってこの物語の主役はトレープレフではないのです。誰に重きを置くか…これは観る人によって違ってくると思うのですが、私にとっての主役は…う~ん…ニーナでしょうか。なので藤原さんのファンでありながらも、トレープレフから目が離れてしまう時が何度もありまして…。かなり見逃しているところがあるような…。次回はしっかりとトレープレフを観察してこようと思います。

そして、今回の舞台で私の一番のお気に入りはカーテンコール。何だか懐かし~い匂いのするカーテンコールでございまして。音楽も派手なパフォーマンスもなく、ただ役者達が真摯に頭を下げるだけのカーテンコール。わけがわかりませんが「う~ん、演劇だ~。」と満足してしまいました…。


※コメントをいただいておりますが、お返事は後ほど。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

2008/06/20 14:10 こゆび44

背水の陣

巷で時折「背水の陣で臨みます!」と鼻息荒くしている方をお見かけします。私も何処かで「背水の陣で云々。」と言ったことがあるはずです(←よく覚えていませんが…)。何時、何処で、誰に??はっきりと思い出せないのですから、私の“背水の陣”なんてこんなものでございます…-_-

そもそもこの言葉、本来なら人生においてそんなに使うものではないと思うのです。むやみに軽軽しく「背水の陣でっ!」なんて言ってはいけないと思うのです。
ついその場の雰囲気に流されてと言うか、相手からの追求からとりあえずは早く逃れたいと言うか…そんな状況下で、それ程までに頑張れる余力も気力もないのにハッタリをかましてしまった…なんて覚えのある人はいるはずです…。ま、前向きに自分を追い込む場合にも使いますけれど…。

そんな風に考えると、私は四十数年間生きてきて、もしかしたら「背水の陣で!」と言う思いで事に当たったことがないかも知れません。これはある意味楽な人生かも知れませんが、同時にとても味気ない人生かも…。
一生に一度くらいは決死の覚悟で何かをやってみたい!燃えてみたい!と、青臭くも熱く叫んでいる自分の傍ら、苦労は出来るだけ避けたいな…とへたれな自分が囁いて…。
はて…どちらがいいか…なんて、結構真剣に考えてしまった私でございました^^;


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2008/06/18 17:01 こゆび44

追いかけて…追いかけて…

歌手や俳優やら、まぁそう言った諸々の芸能人の追っかけと言えば、昔は若い子のイメージがありましたが、今は違います。中高年も(特に女性ね)追いかけるのでございます。
かくいう私も、俳優の藤原竜也さんを追いかけているわけです…-_- 自分では「別に追いかけているわけじゃないよ~」と認めないわけですが、友人達に言わせれば、私は立派な追っかけなのだそうです…。

で、この追っかけなるもの、精神科医の分析によりますと、「現実恋愛目標型」と「理想恋愛追求型」の2つに分けられるのだそうです。前者は追っかけを、あわよくば恋愛まで持ち込みたいタイプ。後者は現実の恋愛にならないからこそ追いかけるタイプ。私は後者でしょう。まぁ中高年の追っかけの場合は殆どが後者だと思います^^; 前者はきっと若年追っかけにいるタイプなのではないでしょうか。
また、精神科医は中高年追っかけを「退行=子ども返り」と考えているそうでございます。追っかけは、若い時に願っても満たされなかった思いを今に置き換える作業、癒しの作業なのだとか。ふ~ん…一体私は若い時に何が満たされなかったのか…と考えてみると、きっと誰にも憚らず「私、今この人に熱を上げてるの~*^^*」と言えることだったのかなぁ…とも思うのですよ。意地っ張りで素直でない私は、好きな男性とのことをあまり友人達には話さなかったような気がするのです。何だかヘンな興味で面白がられるのが嫌で…。その点相手が芸能人ならば全然平気。だってフラれることも付き合うこともまたドロドロになることも、兎に角そう言った未来は2人の間にはないのですから^^;

このテのことに全く興味のない人からしたら、中高年の追っかけの女性なんて非常に低能な存在に見えると思います。でもね、癒されているのです。元気をもらっているのです。明日の活力にしているのでございます。大丈夫なんです。ちゃんと現実の世界に戻ってくるのです。でも、今の状態よりも深く嵌ることのないように気をつけます^^; ほどほどに熱くですね。
さてと、もうすぐ藤原さんの舞台が始まります。暫しの間、夢の世界へ飛んできます^0^/


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2008/06/14 22:44 こゆび44

三角に折らないで

お客様が来る時はまずトイレを掃除しますよね。部屋がどんなにお洒落に飾り付けられていても、トイレが汚れていたら台無しですから…。トイレが汚れていただけで、その飾り付けられた部屋がかえってマイナスに働いてしまう時もあると思うのです。「上っ面だけね」みたいな…。
昔お邪魔したあるお宅のトイレには、タンクの上や洗面所の上に大量の生花が飾られておりました。もちろん便器や床もキレイに磨かれていて。何でも奥様の実家が生花店で、安く生花が手に入るのだとか。でも室内には生花は飾られていませんでした。“トイレにこそ大量の生花を”これがきっとそのご夫婦の拘りだったのだと思います。考えてみれば、これが本当のお洒落なのかも知れません。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回の主題はトイレットペーパーの先端のこと。トイレットペーパーの先を三角に折っておく方ですか?私は絶対にやりません…。点線の切れ目に沿って揃えて切っておくだけでございます。何故かあの三角折りが苦手なのでございます…。
先日来社した20代男性のお客さんがトイレを使った際、たぶん彼はトイレットペーパーを使わなかっただろうに、それなのに、ご丁寧にも先端を三角に折ってくれたのでございます+0+ その行為に何故か気分を害した私…。なぜ?なぜ?
本来は女性がやって然るべきこと(?)を男性にやられてしまったバツの悪さか。それとも、そんな細かいと言うか、神経質と言うか、そう言う男性が好みでないのか…。
何ゆえにこんなにも気分が悪いのじゃ?? あの三角折りのトイレットペーパー…。

《教訓》三角折りになっていないトイレットペーパーを見かけても、気を利かしてわざわざ三角に折るべからず。その行為、大きなお世話かも知れません…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2008/06/13 09:57 こゆび44

躊躇は時間の無駄

何とな~く時間に追われているのでございます。以前もこんなこと書いたような気がしますが、未だもって成果は上がらず…。

何時ぞやの新聞に【時間管理術達人の極意】と言う特集が組まれておりました。何でも仕事のお出来になる人こそ時間の管理がお上手なのだとか。そもそもそう言う方は“時間管理”ではなくて“時間投資”と言うのだそうですが。つまり時間を作り出すと言うことですね。
で、その“時間投資”の具体的な方法が色々と説かれていたのですが、その中に「時間家計簿をつける」と言うものがありました。何それ?と思って読んでみると「毎朝、起きたらその日にやるべきことをリストアップし、エクセルなどに書き出し、その横に所要時間の予測と実際にかかった時間を記録し、翌日はそれをもとに計画をたてる、云々。」何ともマニアック
これを見て私は笑ってしまったのでございます`▽´ これを実践している人が実際にいらっしゃるかどうかは知りませんけれど、この作業をやっている自分の姿を想像したら可笑しくなってしまいまして…。だって朝っぱらからPC開いて、そんなこと考えて打ち込んでいたら、30分はかかるでしょ…。余計時間が足りなくなるわな…/0\ まぁ、その30分が結局は1日の時間を増やす、と言う意味なのでしょうけれどね。

そんな邪魔クサイ(?)ことをしなくても、私の場合はこれを解消したら少しは時間ができるだろうな…と言うことが幾つかございます。その1つは「躊躇しないこと」。特にね、自分にとってイヤな仕事(会社ではなくてプライベートな仕事ね)は、出来るだけ後回しにしてしまうのですよ…私…。
そのくせそれを済ませるまでは他のことをやっていても、それが気になって気になって仕方がないのですね。で、つい手が遅くなってしまう…。そしてやがてタイムリミットになり、そのイヤなことに取り組むわけですが、そこでまたうだうだと考え込んで、始めの1歩がまでが大変/0\ さっさとイヤなことは躊躇せずに済ませてしまえば、心は軽く足取りも軽く♪、となるんですけれど。

つい最近も、苦手な人に連絡を取らねばならず、携帯電話を持ちながら10分以上うだうだしておりました…T▽T
その10分、積もり積もれば、どんだけの時間になるよっ!


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2008/06/10 22:35 こゆび44

私と大社長の逢瀬

20080610225649



このブログに度々登場する大社長。大社長との付き合いも、何だかんだ言ってもう20年になるのでございます。もうこうなると、私の人生と大社長とは切っても切れない縁なのですよ^^;
この20年間の内、19年と半年ぐらいは太平洋の一番深い所に沈めてやりたい…腹を立てている私ですが、まぁそんな大社長でもいいところはあるのでございます。

大社長は結構な食通でして、美味しいものをよく知っているのでございます。また私なんかは口にしたこともないような珍しい食べ物を頻繁に贈り物として貰うのです。
で、そのお裾分けをよく私に持って来てくれるのですよ。他の人達は何故かあまり喜んで食べないのです、得に甘いものはね。でも私は基本的に食べることが好きなので、単純に喜んで頂きます。なので大社長は次第に私だけにこっそりと持って来てくれるようになったのでございます。
応接室に私を呼び出して「これ美味いんだよ。アンタに食べさせたかったんだよ~」と言って、自宅から持って来てくれた食べ物を出してくれます。そこで2人で隠れて(?)いただくわけですが、時にはアルミホイルに包んでくる時もあり、そのアルミホイルを見るとですね…何て言うんですかね、こんなことが私と大社長を長年繋げているものなのではないかと…そんなふうに思うわけなのでございます。
こんなことを言うと、何だか食べ物に釣られていると思われそうですが^^; 決してそう言うことではないのですよ。人と人を繋げているものなんて、そんな大それたものではなく、実はちょっとしたものなのではないかと…。

上の写真は先日大社長が外出時に買ってきてくれた重盛の人形焼(ちょっと潰れましたが^^;)。結構並んでいるんですよ^^ どうやら大社長も並んで買ってきたようです。
今回も応接室で2人で皆には内緒でいただきました。
「もう、どれだけ並んだか~」と、食べながら得々と苦労話(?)を続ける大社長…。
はい…わかっております…。でもその武勇伝、3分の1くらいで終わらせていただけると、もっと株が上がるんだけどなぁ…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2008/06/08 21:58 こゆび44

マイ箸

マイ箸を持ち歩いていますか?何だか巷ではわりとブームのようですが…私の周りにはマイ箸派は誰もおりません…。私も持っていません。
私が引っ掛かるのは、使って汚れた箸を洗わずにケースに入れること。いつでも洗える状況だといいんですけれど…。

でも最近は、マイ箸を洗ってくれるお店だとか、マイ箸持参者にはポイントを加算してくれるお店だとか、そんなサービスもあるようです。またデザインもお洒落(?)になってきたり、ブランド物も登場して、女性や若年層に浸透してきているのだとか。
マイ箸の最大の目的は環境保護にあるわけですが、でもそこにはたくましい商魂も見え隠れしているような気も致します^^;
恐らくよっぽどのことがない限り、私はこれからもマイ箸を持ち歩くことはないと思います(捻くれ者ですから…)。ま、普及率90%以上になったり、割り箸がこの世から消滅したら話は別ですけれども。

はて、このマイ箸、5年後にはどうなっているでしょうか。普及率60%位になっていれば大したものだと思います。そうなったら日本人もなかなか捨てたものではありません^^
それとも「そう言えば“マイ箸”なんて昔あったね。」なんてことになているのでしょうか…。ちょっと興味があったりするのでございます。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2008/06/06 10:55 こゆび44

「死ぬまで働くのよ。」

何歳まで働きたいですか?私は今すぐにでも仕事を辞めたいなんて思うことがしょっちゅうですが^^; そうもいきませんので、やはり最低でも60歳までは働いていたいです。それ以降は安泰な老後生活を送るのが希望でございますが、絶対に世の中そんなに甘くない…と思う…。得におひとり様婆さんにとっては、逆風が台風のように吹き荒んでいるのではないかと、十分に予測されるのでございます。

私の場合、60歳まで今の会社にはまず居られませんから、途中で転職せざるを得ないわけですが、そうなったらもう社員と言う立場には拘らないので、体の動く限り、本人の意思があれば幾つになっても働かせてくれるような所がいいですね。だって、冷静に考えれば考えるほど、60歳からの“無職でも有閑な生活”なんて土台無理っ!! 悲しいかな、これが今の私の現実でございますT▽T
60過ぎたらお給料が下がってもいいんです。立場が下になろうといいんです。先輩風を吹かせて若い人達の邪魔は致しません。なので、たとえ1日4時間でも働かせていただくと、こちらも大変助かるのですが…。
まだ20代の若かりし頃、女帝(大社長の女房ね)が「ウチの人は死ぬまで働くのよ。」と話していたことがあり、その頃は無邪気に笑っていた私でございましたが、四十路独身子なしの身となった今、これは人ごとではございません。正に私の人生になるのかも知れないのです…。

いつの日か、友人にでも、親戚にでも、誰かに「こゆびは死ぬまで働くんだよ。」と、酒の肴か何かにされて、笑われる日が来るのでしょうかねぇ…/0\
とは言っても、まだ心の何処かで“有閑老後生活”を完全に諦めてはいない自分がいたりして…、何てったってこれからよ…フフフ…`▽´;


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2008/06/03 22:29 こゆび44

これも加齢による寛容かしら?

またドラマ『東京大空襲』からリンクした話になりますが、主人公の男性は、空襲で亡くなってしまった女性を最期まで想い続けていました。それでもその間には結婚もして、家庭も作ったようですけれど。でも最期は、60年以上も前に死に別れてしまった女性を想いながら旅立っていきました。

で、これはあくまでも物語ですので、こんなこと考えるのは邪道かも知れませんが。自分の亭主の心の片隅に、ずっと想い続けている女性が存在しているのを知らずに、結婚生活を送る女房ってどんなものよ??と、思ってしまったのでございます。
若い頃の私でしたら、何だか自分がコケにされたようで、悔しくて悔しくて、何か相手(亭主)に復讐を…なんて物騒なことを考えたかも知れません^^; でも今だったら許せるかなぁ…とも思うのですよ。許せると言うか、諦めがつくと言うか…。そりゃああまりいい気持ちはしないのでしょうけれど。多分…取り乱すことはないのではないかと…。
また浮気に関しても、本当にそれが浮気心だったら許せるかなぁ…と(但し、ヘンな病気をもらってきたら隔離しますけれど…)。だって所詮浮気でしょ…。
こんなに(?)寛容になったのは、これも加齢によるものでしょうかねぇ。だったら年を取るのも悪いことばかりじゃないと言うことですね^^ 但し、両方とも友人や知人達には絶対に知られたくないですね。周りの人間達だけ知っていて、自分だけは知らなかった…なんてことは耐えられんぞーーっ!! 黙っておけないのなら、どうぞ私だけに告白して下さいm_ _m m_ _m m_ _m と言う感じでございます。

以上、一度も結婚の経験のない四十路女の戯言でしたが、もしこれから結婚をして、相手の浮気でも発覚したら…。髪振り乱して取り乱し、喚きちらして半狂乱になったりしてね…。十分あり得る…-_-


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。