プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/28 22:42 こゆび44

歩く…歩く…。

新しい職場に居る。
私の机の周りには何人かの新しい同僚が座っている。
それぞれ自分の担当の仕事に没頭しているようで、立ったり移動したり…それなりに活気がある。
12時になった。お昼の時間だ。
私は一人事務所を出て、適当なランチ場所を探す。

外に出る。
ここは…銀座なのか…。
喫茶店に入り、昼食を済ませ、事務所に帰る。

歩く…歩く…なかなか事務所に戻れない…。
注意して周囲の景色を見てみると、知らない街を歩いている。
迷ったのか…。
向こうから歩いて来る女性に尋ねた。
「すいません、銀座はどちらの方へ行けばいいですか?」
「あ、この道を真っ直ぐに行けばいいです。」

教えられた道を真っ直ぐ歩く。
ひたすら歩く。
しかし何処まで行っても知らない街のままだ。
商店街のような場所も通った。
来る時に、こんな場所を通ったか…?

早く帰らなければならないのに…気持ちが焦った。
線路が見えた。
電車が走っている。
でも、見たことのない電車…。
ここ…どこなんだろ…。

中年のサラリーマン風の男性が2人、私の側にいた。
「すいません、ここはどこですか?」
「○○だよ。」
聞き取れない…。
多分、知らない街の名前を言っているのだろう…。
「あの、銀座へ行きたいんですけれど…。」
男性2人は一緒になって探してくれた。

その内に、片方の男性が笑顔で走って来た。
「ほら、ここに駅があるよ。銀座線て書いてある。」
見ると、確かに銀座線と言う文字が見える。
そしてその下に【銀座方面⇒】と言う道案内の看板も掛けられていた。
どうしようか…。
銀座線に乗れば、確実に銀座へ着くけれど、道案内が出ているのだから、歩いてでも行ける距離だろう。
男性2人にお礼を言って、私は道案内の看板が示す矢印の方角へ歩き始めた。

歩く…歩く…まだ着かない…。
私は、何でさっき地下鉄に乗らなかったのか…と激しく後悔し始めた。
でもここまで来てしまったのだから、もう引き返せない。

歩く…歩く…。
やがて道が二股に分かれている場所に来た。
どっちの道へ行けばいいのだろう…。
女の人が歩いて来た。
「すいません、銀座へ行くのはどちらの道ですか?」
「こちらですよ。」

指された道を歩く…歩く…まだ帰れない…。
それでも黙々と歩いていると、途中に何故か母が立っていた。
「お前、何しているの?」
「会社へ戻りたいんだけど、道に迷ったみたい。」
「じゃあ、お母さんも一緒に探してあげるから。」

母と2人で再びその道を歩き始めた。
暫くすると、マリオンが見えてきた。
もうすぐそこだ!やっと帰れる!
「もうマリオンが見えたから、お母さん帰っていいよ。」
「一人で大丈夫?」
「大丈夫だよ~(苦笑)」

心配する母を半ば振り切るようにして、私は一人マリオンに向かって歩き始めた。
腕時計を見ると、ちょうど午後の3時だ。
2時間以上も歩いていたのか…。
新しい職場なのに、初日から2時間も遅刻するなんて…。
何て弁解したらいいんだよ…。

歩く…歩く…。
でもすぐ着くはずなのに…まだ着かないの?
私は不思議に思い、ふと辺りを見上げるて見る。
すると…すぐそこにあったはずのマリオンがまた遠くなっているではないか!
!?
茫然と立ち尽くす私の頭の中に、突然いつもお世話になっているご婦人の泣き顔が浮かび上がってきた。
誰かと話をしているようだ。
「こゆびちゃんね、今日職場で倒れて…。暫く昏睡状態だったんだけど…。午後3時に亡くなったのよ…。」

………。
あぁ…私…死んだのか…。
いつまで経っても帰れないわけだよ…。

なかなか帰れない理由がわかって、私は安堵と妙に落ち着いた気持ちでそこに立っていた。
振り返ると、マリオンはさらに小さくなっていた…。


と…ここで目が覚めました。これは今日の未明に私が見た夢…。もう鮮明に覚えています!夢だとわかった時は、ほっとしましたねぇ…。
実は、私達など未だかつて取ったこともない程の長期休暇を取り、さんざん遊びまくった挙句に、その不摂生がたたり体調を崩し、入院した野郎がいるのでございます。
はい…大社長です。
“遊ぶんだったら、自分の体調を考慮しながら遊べよーーっ!”と腹立だしさもありまして、皆で「社長が死んだら、新しい仕事を見つけなきゃね~`▽´」なんて、話しておりました…。
人が死ぬなんて、滅相もないことを口にするものだから、自分が死んだ夢なんて見るんだよっ!
大社長様、すいませ~ん m_ _m m_ _m m_ _m


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2008/10/26 22:25 こゆび44

嫉妬心に苛まされたら…

もう先月の話になるのですが、舞台『大川わたり』を観劇しました。一番印象に残っているのは、主人公の呉服屋の手代の男性が、着物をあつらえる女性の身体の寸法を測っているシーン。筒井道隆さんと池上季実子さんがそれぞれ演じられていたのですが、なんとまぁ官能的でしたねぇ…。別にわざといやらしくやっている訳ではなく、普通に着物の上から巻尺で寸法を測っているだけなんですけれど…。でもきっと演出家はそれをエロティシズムとして観客に意識させようとしていたのだと思います。過激なラブシーンよりもずっとずっとエロティック!たまに女優さんが作品の中で裸になり、「体当たりの演技をしました!」なんて言うけれど、そんな言葉シラケルだけでございます。日常の中にある官能を普通の姿で表現した筒井さんと池上さんに拍手。


で、その物語の中で様々な男達が、努力と天性の才能によりどんどん成功していく主人公に嫉妬をして暗躍する姿がありました。嫉妬と言うと、とかく女性を連想させますが、男性にもそんな感情は存在するわけで…。もしかしたら男の嫉妬の方が恐いかも??
もちろん私の中にも存在しますよ、嫉妬心。嫉妬心に支配されている時はまぁ辛いですね~、兎に角報われなくて…。なので、その懊悩が行動として現れることがあります。嫉妬している相手を陰で悪し様に言ったりとかね…。でも当然のことなのですが、嫉妬している相手の悪口を言い合っている姿って、惨めですよね。みっともないこともさることながら、本当に憐れ…。これこそ“私って本当にかわいそうな人!”と言う感じでございます。
こう言った場合、たとえ心ないことを言われようともいじめられようとも、絶対に嫉妬されている方が勝ちですね。悲しいかな、私の場合は、嫉妬されるより嫉妬している方が多いと思うわぁ…;_;

妬みと言う感情がいかにあさましいと頭ではわかっているものの、嫉妬心を自分の中から全く消滅させてしまうなんて無理!絶対にこれからも嫉妬に心が掻き乱される時があると思うのです。だって人間だもの…(←こんな時だけ調子がいいかも…)。
はて、そんな時はどうしたらよいものか…。何とかその負のエネルギーを前向きなものへと変えて、高みに持っていければ…なんて思うのですけれど。口にするほど簡単ではございません。これが出来ていれば、私の人生、もっと違ったものになっているわさぁ…^^;


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2008/10/21 22:35 こゆび44

蒔かぬ種は生えぬ

種、蒔いていますか?何の種かと申しますと…。
以前にも書いたことがあるかも知れませんが、ある国際交流団体に勤めていた(今も勤めていますが…)友人が、兎に角その団体に勤めている男性(そこの社員でなければダメだった模様)と結婚したくて、バレンタインにチョコをばら撒きまくっていたことがありました。何の恥じらいもなくその話をしている友人を、“私にはできねーっ!”と、尊敬30%、呆れ70%の気持ちを伴いながら見ていたことがございました^^; ま、その努力も虚しく、彼女は未だに独身ですけれどね…-_-(男が恐がるっての!)

最近では男性関係に限ったことではなく、利害関係においても私は種を蒔くことは滅多になくなりました。年を取るにつれ、蒔けないんですよ、たとえ蒔くチャンスが到来しても…。何か“こんなことをしたら図々しいと思われるのではないか…”“相手を利用しているのではないか…”“相手に迷惑にならないか…”とか…一見しおらしい理由を並べていますが、実は怠慢と臆病から来るものだと思います^^; 恐らくこんな人間は営業にはむいていないですね。100件回っても、1つも仕事を取ってこれないことでしょう…。

種を蒔くことがないので、花を咲かせることも実をつけることもないことになりますね。寂しいと言えば寂しいとも言えるし、反対に深く傷つくこともないと思うので、静謐な人生と言えばそれもそうだし。所謂“やり手”にはなれないと思いますが、それでも自分独りの努力で実る範囲で実ればいいかなぁ…と思ったり。いや、種を蒔くような開拓精神旺盛な人間に変われるものなら変わりたいぞいっ!とも思ってみたり…。
自分の気持ちがゆらゆら揺れる時がございます。四十路にして迷いっぱなし。同じ所を行ったり来たり…。それでもヘンなやる気はありますから頑張りますが、たまにこう言うことを言ってみたくなるのでございます…-_-


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2008/10/17 22:40 こゆび44

それはおしゃれですか?

いつの時代でも学生達は学校の制服を着崩して着るようでございます。本来制服は、きちんとその通りに着れば格好良くなるようにデザインされているので、スカートの丈を必要以上に短くしたり、これ見よがしにシャツの胸元を肌蹴たりすると、実は野暮ったくなったりするのです。
まぁそんなことを現役の中高生に言っても無駄なことなのですが…。本人達がそれに気付くのはもっとずっと後のこと。大人になって当時の自分の姿を思い出し、穴があったら入りたいくらいの恥ずかしさに襲われるのでございます^^;

なんて…今ではわかったようなことを言っている私も、昔は制服を着崩して堂々と街中を歩いていたアホでございます…。なので私は学生の制服の着崩しに関しては寛容(?)なつもりなのですが、目に余るものが1つだけあるのです。男子のずり下がったズボンも無性に引き上げたくなりますが、それよりも…さすがにこの時期はまだ見かけませんが、スカートの下にタポタポのジャージーを穿く女子学生…。あれは防寒のためにやっているのですか??それともおしゃれでやっているのですか??
寒さのためだったら、若いのだからそんなオバサンでもやらないことはやめましょう…。ちょっと寒くても我慢をし、ファンション性を重視した着こなしをして、オバサン達を打ちのめすことが出来るのが若さの特権ではないのでしょうか…。おしゃれとしてやっているのだったら…四十路にはもうその感性はわかりません…お手上げでございます…。

なんて言っていますが…、私達の女子学生時代にもありました。今住んでいる場所の中学校へ転校してきた時、女子がセーラー服の下に体操着を着ていまして…。襟元から白い体操着がチラチラと見えてましてね。その野暮ったさに驚愕しました…。
たとえイヤな奴と思われようとも、仲間はずれにされようとも構わないっ!と思い、私は絶対に体操着は着ませんでした…。今でもその選択は間違っていなかったと思っております…。
しかし…当時はよそ者の遠慮から恐れ多くて聞けなかったのですが、あの学校の子達…どうしてあんな着方をしていたのでしょうか…。あれもおしゃれのつもりだったのでしょうかねぇ…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

2008/10/08 11:13 こゆび44

あたりまえだのクラッカー

言葉って、時代と共に生まれは消え、生まれは消え…と、どんどん変化していきますよね。若い世代はそれでもそれについて行けるのですが、四十路ともなるとこれが大変でございます/0\ ブログを書いている時も時折迷うことがあるのでございます…「この言葉って、今も有効なの??」と…。もしこのブログを読んでいて、懐かしい死語が出てきたとしても…どうぞ、暖かい目で見てやって下さいまし…m_ _m

懐かしい死語…。以前新聞に載っていたのを見たのですが、ありましたありました^^ もう記憶の彼方に置き去られていた死語の数々。
まず、~70年代は「話がピーマン」。この“ピーマン”四十路以上の人ならば、絶対に1度は口にしたことがあるはずです(ここだけの話…私は未だに、このピーマンと言う言葉が思わず口から出てきてしまいそうになることが稀にあります…)。あと「インド人もびっくり」、これもありましたね。確か強い驚きを表す時に使ったと思うのですが…。何でインド人だったのか…さっぱりわかりません^^; 80年代になると「オバタリアン」「新人類」なんて言葉が流行りました。2つとも今は殆ど使われなくなりました。
…と、私が懐かしいと思えるのはここまで。90年代に流行った「チョベリバ」「チョベリグ」。ここら辺になると、流行っていた当時でさえ、もう恥ずかしくて使えない状態でしたので^^; 流行語とはまたちょっと違うかも知れませんが、若者特有の言葉や言い回しを中高年が迎合して使うのも、見ていてちょっと恥ずかしくなります。ま、聞いたら意味だけはわかるけど、自分は使わない…と言う方が中高年らしい落ち着きが出ると思います^^V

恥ずかしいと言えば…ウチの大社長。今でも時折り「あたりまえだのクラッカー^0^」などと言います…-_- これは「当たり前だ」と言う意味なのですが、このギャグ(?)を理解出来る人は、50代後半以上の人達だけではないかと…。大抵の人はギャグとは気が付かず聞き流していますが、ここまでくると恥ずかしいを超えて、ご立派。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。