プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/31 23:26 こゆび44

2009年3月31日(火)いい娘でいよう

20090331232631



桜伐るバカ(?)。我が家の桜も随分咲いてきました*^^*

今日は年度末…だと言うのに、大社長は病院…。もしや入院??と心配したけど、どうも大丈夫みたい^^
でも例年より静かな年度末だったな。いくつかの関係先から人事異動で変わります…と言うような挨拶メールが来る。春なのに~、お別れですか♪ ちょっと寂しくなるこの季節…。


いい娘でいよう。いい娘と言うのは、母親にとってのいい娘と言う意味。時にいい娘を演じる(?)のはしんどく感じるけれど、もう母親もいい年なので、そんなに長い間ではないでしょう…。
自分の意思を通したいけれど、老いた母親を悲しませるのは不本意だわ…。
親なんて、反抗している時の方が気が楽ね。親が老いてくると、子供の方が心配になってきて反抗する気もおきないわぁ…。
だからこのままいい娘でいよう。四十路になっても娘は娘…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/26 23:09 こゆび44

★舞台★『ムサシ』2回目

~3月21日ソワレ・彩の国さいたま芸術劇場にて~


※ネタバレも含みますので、物語の詳しい内容を知りたくない方は読まないで下さい。


『ムサシ』2回目の観劇でございます。
白石加代子さんや吉田鋼太郎さんのベテラン勢はさすがで…本当に何でもこなしちゃうんですねぇ。鈴木杏ちゃんの能などは、聞いていると、母親のような年齢ゆえに…ちょっと心配になってハラハラしてしまうのですけれど。ベテランのお二人は、余裕余裕。この舞台では、能はどちらかと言えば、笑いの小道具のように使われていると思うのですが、ちゃんと笑う能を聞かせてくれるのです。
そして私が一番好きなのは平心役の大石継太さん。お顔が(名前を思い出せないのですけれど)ある俳優さんに似ていて、役柄に合ったとても柔らかい雰囲気があります。ちょっとおとぼけていて、ちょっと情けなくて…。この方なしの『ムサシ』なんて、きっととても味気ないものになっていたでしょうね。

2回目ですので、ストーリーがわかっていますから、また楽しみ方が初日とはちょっと違ってきます。自分の好きなシーンのための心構えみたいのが出来るんですよね。
武蔵と小次郎…。いつも藤原さんの舞台では、やはりファンですので、セリフを言わず受身のような時でも、藤原さんばかり目で追っているような時がありますが(汗)、今回は小次郎の方についつい目が行ってしまう時があります…。これは理屈抜きで、ブレイクする人が持つ特有の華がそうされるのだと思います…。

さて藤原さん。時折、セリフを発する時に顔が赤くなります…。他の人達は叫ぶような時でも赤くならないのに。藤原さん一人で赤くなって…。声は渋くて素敵なのですが…。まぁ別に大したことではないんですけれど。それよりもお髭を伸ばしておりまして…(もう剃ったようなことも言われてますが)、この日は随分と濃くなっておりました。武蔵の役作りのために伸ばしたのかどうか定かではありませんが、もしそうだったら、稽古が始まった時に伸ばし始めて、初日から生やしておいた方がよかったような…。前回の涼しすぎる武蔵が藤原さんらしくて結構良かったので、まぁ今は生えていないようですから、どうかこのまま爽やか武蔵(?)を貫いて欲しい思いでございます。その方が、藤原さん特許の武蔵として後世に残っていくのではないかと…ボソボソ…。決して私は髭を生やした藤原武蔵がおかしいとは思っておりません、念のため。
この舞台の1つの見せ場(?)の5人6脚のシーン。私も大好きなシーンの1つですが、ああ言ったものは、演じる方は恐らく回を重ねるごとにどんどんエスカレートしていくのでしょうね…。激しくなればなるほど、観客は楽しめますが、どちらかと言えば身体の堅い藤原さん…怪我などなさらぬよう…。
あ、私のお気に入りの武蔵のセリフが変わっていました。白石さん演じる木屋まいの正体を小次郎に伝える時のセリフ。「ただの嘘つきなオバサンなんだよっ!」が「ただの嘘つき女なんだよっ!」となっていました。たとえ役柄上と言えども、たとえセリフと言えども、白石さんを“オバサン”呼ばわりする藤原さん…面白かったのになぁ…。観客の笑いもとっていたのになぁ…。残念だなぁ…。
もう1つ、舞台が暗転していく中で、武蔵の顔だけにスポットが当って…。あの時の武蔵の笑顔…。あれな何なのでしょうか??実はまいの正体を見事に見破っているのですが…。そんなキレ者・武蔵とは思えない能天気なたわけ者の笑顔なんですけれど…。この笑顔に騙されました…。好きなシーンの1つです。

私の初日から2週間経っていましたが、劇的に変化したようなところはなかったように感じました。次はどんな『ムサシ』になっているでしょうか。
カーテンコール、藤原さんも小栗さんも、芝居中に見せてくれる楽しい表情とは違って、いたって落ち着いた表情。あまりはじけた笑顔は見せてくれません。杏ちゃんはとても素直な笑顔を見せてくれるのだけれど…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

2009/03/24 23:16 こゆび44

2009年3月24日(火)巡回する私の心

人間の心はクルクルクルクル…色んな所を巡回するものね。
土曜の夜、観劇からウキウキ帰宅したら、机の上の急な呼び出しのメモを見て憤慨する。
日曜日、金土と連日の外出の疲れと、前日のメモに対する怒りもあり、10時過ぎまでフテ寝をする。お昼に知人から仕事の電話が入り、イライラと断る。
月曜の朝、前日からの怒りで、ちょっと暴れる(?)。その後、全てのことが嫌になり、逃げ出すことを考える。失踪することまで妄想してみる。結局一人誰もいない事務所で泣き(?)、呼び出しの場所に行かなかった。
今日の夕方まで、仕事も手につかない程、どうやったら嫌なことを投げ出すことが出来るかと真剣に考えるが、結局無理だと悟る。
嫌なことだけから都合よく逃げ出すのは無理だ。同時に好きなことも捨てなければならなくなる。
だったら…ごまかしながら全部やるしかない…と逃亡を諦める。
結局、今日の夜、いつもの私に戻った…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/21 22:46 こゆび44

2009年3月21日(土)@携帯

三連休の二日目。舞台『ムサシ』の二回目の観劇に出掛けた(^O^)/ 詳しい感想は後にして、でも今回も笑わせてもらいました。
マスクを劇場ではずすかどうしようか迷ったけれど、やっぱりはずした。これから春先の観劇は余計な心配が増えるわね。何だか毎年毎年ややこしいが一つずつ増えていくよ・・・。これが年を取ると言うことなのね~(;_;)
夕食の時、コーヒーフロートなんて注文してしまった・・・。ただのコーヒーにすればよかったのに。十時過ぎに甘いものを摂るなんて・・・。誘惑に負けた~(>_<)
2009/03/21 08:06 こゆび44

2009年3月20日(金)離婚?早っ!

3連休の初日。2年ぶりに母方の方のお墓参りに行く。田舎で風邪も強くスギの木が沢山ある場所だったので、花粉症が悪化した/0\ 夜の鼻詰まりの凄いこと!鼻が鉛だよ…。どうしてくれるんだよ…。
お墓で中年の男性が一人で来ていて、随分長い間手を合わせていた。親のお墓か、奥さんのお墓か…。座って背中を丸めて一心に手を合わせていた。その背中を見ていたら、何故だか涙が出そうになってしまった。あれが女性だとこんな感覚にはならなかったと思う。奥さんは絶対に旦那さんを一人残して逝ってしまっては駄目ね。何が何でも旦那さんより長く生きてあげないと…。


格差婚とか言われたカップルが離婚するらしいですね。まぁいずれは別れるだろうと思っていましたが、予想以上の早さに苦笑。でもマスコミが格差格差と言うほど、そんなにあの奥様は大物なのでしょうか??一応女優さんらしいですが…。あの結婚で救われたのは奥様の方だったと思いますよ。人気に翳りが見え始めた時、あの結婚で好感度が上がり、またお仕事が増えたのですから。でもこれから旦那さんは思いっきり仕事が出来ることでしょう。奥様もいい仕事をして下さいまし。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/19 23:28 こゆび44

2009年3月19日(木)達者な婆さん

暖かくなることは嬉しいのだけれど、こんなに異常に暖かく(と言うよりか暑い)なると、今度は薄気味悪くなってくる…(←勝手)。

たまにランチを買いにいくコンビニ。入った瞬間、商品が少なく、何となくガラ~ンとしている感じ。どうも今日の23時に閉店するらしい。店員は若い男性が2人いたけれど、最後まで残って仕事をする従業員の気持ちってどんなものだろう?大社長がどうにもならず今の会社をたたむようになった時、私はそのXデーまで働いているかしら?それとも途中でさっさと「あばよ」てなことをやるのかしら?わからないな…。

ちょっと油断した隙に、お婆さんに割り込まれてしまった/0\ 動きが敏捷だったな、あのお婆さん…。足腰丈夫だよ。でもああ言うお年寄りにかぎって、電車の中では“私は年寄りで足腰弱いから席を譲ってちょうだいな”なんて顔して、人の前に立つんだろうな…^^;


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/18 21:27 こゆび44

これは小姑根性なのだろうか?

二昔前の夫婦でしたら、夫は家族を養うために働き、妻は家の中でしっかりと家庭を守る…と言う型が大半だったと思います。時代は流れ、女性も社会で活躍する機会にも恵まれるようになり、また最近では、妻も家計を助けなければ生活もままならない世の中になりまして、“夫婦共働き”と言う家庭の割合が多くなってきたと思います。もう私の年代の奥様達は、とりあえず子育ても一段落ついて、「(仕事をしないで)家に居る。」と言うと、かえって驚かれたりするそうでございます^^;

で、そうなると問題は家事の負担。共働きでも、家事をする割合はどうしても奥さんの方に比重がかかり、かなりの負担になってしまうわけですね。「何で私だけ家事をしなくてはならないのよーっ!!」と女性は憤懣するわけでございます。当然よね。
私の弟夫婦も多分に漏れずそんな共働き夫婦でございまして。私なんぞは、生まれた時からの弟を知り尽くして(?)いるわけですから、家事なんて一切やらない男だと言うことは百も承知なわけであります^^; なのでお嫁さんがストレスを溜めているのではないかと、時には気になることもありました。
しかし…先日弟家族の新居に招かれた時のこと。何と、弟はお嫁さんと一緒になって、まめまめしく私と両親を接待してくれるではありませんか。甘いもの好きの私のおやつの心配をし、夕食の仕度をし(中には弟手作りの浅漬けまでありました)、片付けの洗い物を手伝い、デザート用のコーヒーを入れ…。両親と私はその弟の変わり様に目を丸くするばかりでございました+0+
お嫁さんの話によると、いつもこうやってマメマメしく動いてくれるとのことでした。そう言えば、知り合いの女性の息子さんも、実家に居た時は縦のものを横にすることもしなかったのに、結婚したら洗濯までするようになり驚いた…と言うようなことを聞いたこともあります。

男も変われば変わるものね…。私なんかは、弟の身内ですから、何だかそんなに動いている弟を見てしまうと、矛盾しているようですが、今度はかわいそうになってきてしまうわけでございます…。前述の女性も同じ様なことを話しておりました。きっと母も同じように感じていたのではないかと思います^^;
でも、これでいいんですよね。夫婦で家庭を築いていくわけですから、共に働き、共に家事をし、共に子育てをして。自分の身内だからと言って、甘くしてはいけません…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/18 11:12 こゆび44

2009年3月17日(火)探し物は何ですか~♪

お昼前、昨日大社長から預かった書類がないことに気が付いた。心当たりの場所を全て探しても見つからない/0\ 気持ちはかなり焦っていたけれど、周りの人間に気付かれないようにこそこそ探す。でも全然見つからないし、預かった以降の記憶が全く途切れているのT▽T 気分もそぞろで、仕事も殆ど身が入らない…。
そんな思いで半日探し続け、もうどうにもならず、いよいよ5時過ぎに無くしたとは言わずに湾曲に大社長に尋ねてみた「あの書類は、私が記入してもよろしいんですよね?」。「あ、オレ持って行ったから。」と大社長。+0+どうやら昨日私が帰った後、私の机の上から黙って持ち出したらしい。いつもなら`へ´`へ´`へ´`へ´!!!と爆発するところだけれど、不安にかられていた時間があまりにも長かったので、かえって安堵した…。
おかげで、以前探しても探しても見つからなかった別の書類が見つかったけれどね^^;
探し物をやめた時~♪ 見つかることもよくある話しで…♪


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/17 12:42 こゆび44

2009年3月16日(月)ビミョーなアイコンタクト

何だか暖かくなってきて…いいわね~♪
順調な1日。夜、人と会う。MTさんの押し付けがましさに、素直に言うことを聞けない。あの方は、どうも人を見てものを言うようね。気の強いYMさんには一言も言えなかったけれど、私やTちゃんには、笠に着せて言ってくる。態度は柔らかく接しても、絶対に貴女様の言いなりにはならないからね`▽´

2~3年前に発症した花粉症。そんなに重症じゃなかったのに、今年は酷い。花粉症ってこんなに辛いものだったのね~/0\ とうとうマスクを着用し始めたのだけれど、朝、よく会うサラリーマンのおじさんもマスクを付け始めていた。そのタイミングが私とドンピシャで。目が合った時、何となく恥ずかしかったわ^^; 向こうもそれは同じだったみたいで、ビミョーなアイコンタクトを交わした…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/15 23:12 こゆび44

2009年3月15日(日)猛アタック!

昨日のつけが回ってきて、今日は午前中から掃除など色々忙しくやった。
午後はちょっと仕事をする。この仕事、引き受けてからもう5年になる。結構な負担。何でこんなこと引き受けちゃったのかなぁ…。あの日に帰って断りたいよ…;_; 

夜は弟家族達と焼肉を食べに行った^^ もう水1滴も入らないほど食べてしまったよ…。1000カロリーぐらい摂取しちゃったかも/0\ 
帰りに姪っ子が帰りたくないと泣く…。最近別れ際はいつも泣く…。そりゃあ、爺ちゃんも婆ちゃんもおばちゃんも、あなたとず~っと一緒にいたいわよ。でも、一人でお泊り出来ないでしょ。


この世の中、美男と美女の夫婦って絶対に少ないと思う。知り合いの、旦那が超イケメンで奥さんは並の30代前半の夫婦。何だかつり合わない。先日二人のなりそめを知っている人から聞いた話では、奥さんがもの凄くモーションをかけたそうだ。もうプッシュプッシュで射止めたらしい。あの旦那、相当女性にモテたらしく、今の奥さんより数倍美人で数倍気立てのいい女性達も彼に恋心を抱いていた模様。でも自分から告白する人はいなかったらしい。
あの奥さん、愛想がなくて、どちらかと言えば暗い感じだから、そんな風に自分から猛アタックするタイプには見えなかったのでビックリ+0+ 人間、外見で卑屈になる理由なんてないのはわかっているし、実際私はイケメンが苦手だけど、それでも私があの奥さん位だったら、絶対に恐れ多くて自分から人気のある男性に告白なんて出来ないな…。何でも最初から諦めてはだめなのねぇ。そう言えば、全く同じ境遇の夫婦も昔いたっけな。楽天的と言うか、恐いもの知らずと言うか、前向きと言うか、身の程を考えないと言うか…当たり前だけど、そんな人の方が人生楽しめるようだわぁ…。控え目な人…なんて聞えはいいけれど、損な性格かもね^^;


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/14 21:21 こゆび44

2009年3月14日(土)

買い物に出掛ける予定だったのに、朝の大荒れの天気…。傘を持つと片手がふさがって非常にやっかいなので、外出を中止した。
時間が空いた分、やることをやればいいのに、昼寝なんかしたり、うだうだと無為に1日を過ごしてしまったよ~/0\ まぁ、私らしいと言えば私らしいけれど…。その分明日が大変だわぁ…。

今日はホワイトデーなのね。渡したのが義理チョコばかりだから、当然お返しも義理ばかり。こう言う場合は当日が休日だと全く暇^^; 別にいいんだけどね。

いとうまいこさん、結婚されたらしい。おめでとうございます。 最近高木美保さんとか同年代の女性が結婚が目立つわね。お仲間(?)が少なくなって、寂しいような、つまらないような…^^;


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/14 07:51 こゆび44

2009年3月13日(金)

13日の金曜日。別に不吉なことは起きなかったけれど、大社長は出社せず。外出しているようなことを言っていたけど、あれは外からではなく、自宅から電話をしてきたはず。ズル休みと見た!`へ´ ま、おかげで自分の仕事は進んだけれどね。

夜は人と会う。自分の言いたいことは伝わったかな?素直でない難しい人間と思われたかもしれない。危険分子としてマークされるかな…。

あるフィリピン人家族が注目されている。何だか悲劇の家族のようになってしまっているけれど、実は両親は不法入国と言う犯罪を犯している。可哀相なのは子供。でもこの人達だけに特例を設けてしまうと、絶対に収拾がつかなくなってしまうと思う。自分達を冷静に客観視して、どうか日本政府を恨まないでね…。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/14 07:27 こゆび44

2009年3月12日(木)

平凡な1日。

これは花粉症なのか?鼻づまりと鼻水が凄い。こんな症状今回が初めて。夜も眠れない程の鼻づまりって…。初めて鼻づまりで恐怖を覚えたよ…。もう鼻を顔から引っ剥がして洗いたいのですけれど>0<

北朝鮮の元工作員・金賢姫さんの姿を久しぶりにテレビで拝見した。やはりちょっと老けたわね。自分と殆ど年齢が変わらないことに改めて驚く。これまでの彼女の人生は、私の2倍近い長さに感じられるのではないかな。同じ年頃でも、環境によってこうも変わってしまうのか。彼女から見たら、私なんて幼稚で世間知らずで、おめでたい女なんだろうなぁ…。
今は結婚して幸せに暮らしているであろう彼女。でも、あの大韓航空機の被害者の遺族達は、どんな思いで今の彼女の姿を見ているのだろう…。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/12 22:36 こゆび44

★舞台★『ムサシ』私の初日

~3月7日ソワレ・彩の国さいたま芸術劇場にて~


※ネタバレも含んでしまうかもしれませんので、詳しい内容を知りたくない方は読まないで下さい。


またまた暫しの間ファン休業状態でありましたが、藤原さんの舞台が始まりましたので、戻って参りました。今回は小栗旬さんとの『ハムレット』以来約6年ぶりの共演でございます。『ハムレット』では絡むことがなかった二人ですが(キスシーンはありましたけれど…)、宮本武蔵と佐々木小次郎の役でがっぷりと四つに組むわけです。ワクワクしながら行って参りました。

藤原竜也さんと小栗旬さん、演技の競演もそうですけれど、全てを包括すれば、色んな意味での美の競演という感じがして、楽しませてもらいました。また2人だけに限らず、出演者の動きを見ていたら、日本の所作とはかくも美しいものかと、日本人として誇りに思えました。
井上ひさしさんの新作の戯曲で巌流島の後の2人を描くと言うことでしたので、一体どんな話になるのだろうか…と、色々と想像はしておりましたが、最後に“そう来るのか~”と予想外の展開でした。面白くて可笑しくて、何度も声を出して笑ってしまい、武蔵と小次郎がコメディの中に存在することもアリなのかと、自分の想像力の限界をまざまざと知らされました…。
同じ舞台の空間で、片方のグループはコメディを演じ、もう片方のグループはシリアスを演じているような場面もありましたが、コメディとシリアス、この2つが同時に現れると、シリアスはコメディに染まり、全ては愉快なものになるものだと思いました。これは私個人の趣味なのかも知れませんが、人間は本質的に笑いたいものなのかも知れません。

小栗さん演じる小次郎の構えはどれも格好よくキマッており、立ち姿がとてもキレイでした。でも、こんな小次郎アリ??と言うほどお茶目(?)でかわいい表情を見せてくれ、最後には“こんな小次郎の方が好きかも…”と感じてしまいました。今回の『ムサシ』においては、私は小次郎ファンです。
そして藤原さん演じる武蔵。一番最初に藤原さんが宮本武蔵を演じると知った時、ファンでありながら、無謀ではないか…、と不届きな考えをおこしてしまいましたけれど…だってイメージがあまりにも違うではないですか。でも実際に舞台を観てみたら、不思議と違和感はなく、この物語の中の武蔵像に嵌っていたと思います。あまり自分の持っているイメージに執着して忌んでしまうのはもったないことですね。
藤原武蔵も切れの良さ(欲を言えば、もうちょっと姿勢がいいといいのですが…)と、滑稽な表情と両面を見せてくれましたが、でもその滑稽さは、小次郎よりもどことなく大人で落ち着いていて、そこは武蔵の威厳を残していたのでしょうか…。小次郎と対峙する時のやたらに睨みを強調していない武蔵にしては涼しすぎる目や殺陣なども素敵ですが、私が一番しびれたのは、たすきを掛けるシーンだったりします…(汗)。別に特別なことはせず、普通にたすきを掛けるだけなのですが…。まぁこれは私の風変わりな趣味の1つなのだと思います…。あ、武蔵の能も聞いてみたかったなぁ…。これはちょっと残念でした。

他の出演者のことなど、まだ感じたことは沢山ありましたが、これは1回目の観劇。これくらいにしておきます。
カーテンコールは3回でした。満面な笑顔ではありませんでしたが、それなりの(?)笑顔は見せてくれました。
余談ですが、私…暫くタコは食べれそうにないかも…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

2009/03/08 22:42 こゆび44

これってセクハラになるんだぁ…

セクハラのことは前にも書きましたかねぇ…。でも最近のセクハラは、ちょっと様変わりしてきているそうでございます。
以前のセクハラと言えば“強制わいせつ型”で、加害者も自分がセクハラをしていることを認識して開き直るタイプが多かったそうですが、今は“擬似恋愛型セクハラ”と言って、上司が部下の女性に恋愛感情を抱いて、交際を求めるようなタイプに変質してきたのだとか。

ある会社の社長は、女性秘書と二人でドライブをしました。行き先の公園で社長がキスを迫った時、秘書は「ここではいや。」と言ったそうです。その秘書の言葉をこの社長は“同意”と誤解し、ホテルで関係を持ちました。しかし後に、その秘書は提訴。秘書は「上司との関係に波風を立てないためだった。」と主張し、社長は反論したものの、結局賠償金を支払った…と言う事例が紹介されておりました。
上司との関係に波風を立てないために肉体関係を持ってしまうのかーーっ??何だかなぁ…。そりゃあ部下の女性と恋愛したくてキスを迫る男性も男性ですが、上司との円満関係(?)を保つために、ホテルへ行って関係を持つ女性も女性だと思うのでございます…。「ココではいや。」と言われたら、男女問わず“キスはしてもいいけれど、この場所ではいやだ。”と言う意味に取ると思うのですけれど…。
もし私だったら、会社をクビにされてもいいからきっぱり断りますね。場合によっては、もうドライブに誘われた時点で断ります。それで解雇されたら提訴してもいいかなぁ…と思いますけれど(←実際に行動に移すパワーを持っているかどうかはかなり疑問-_-)。同性ですが、私はこの秘書の女性には同情は出来ませんでした…。

こう言う問題は、どうしても男性の方が不利になってしまうような気も致します。ま、女性の上司が部下の男性にするセクハラもあるらしいですけれど…(←これも哀しいわねぇ…;_;)。
自分はセクハラをしているつもりはなくても、相手にはセクハラと取られてしまう…。もうこうなったら、職場の異性の人間の容姿を褒めない!職場の異性の人間の身体には指1本触れない!職場の異性の人間二人きりで食事をしない!酒も飲まない!これしかないのでしょうか…?変な世の中になったものねぇ…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/06 22:08 こゆび44

もしも戻れるならば…

先日観た映画ではないですが、時を戻すことが出来るのなら…と考えてみることがございます。自分が何歳の時に戻しましょうかねぇ…。こんな話が出ると、たまに「今が一番楽しいから。」と言う女性がいらっしゃいます。特に30代の女性、しかも独身の方が多いですね^^; まぁあながち全くの嘘ではなくて、本人は本当にそう感じているのかも知れませんが、周りの人達には絶対にそうは見えていないと思います…^^; 強がりに聞こえてしまうだけでございます…。自分にも覚えがあるからこんなことを言っているのですが…。

“楽しい”と言う感覚も千差万別あると思いますが、私が単純に一番楽しかったのは、やはり何のしがらみもなかった子供時代でしょうか。明日の心配など考えることも知らず、その日を楽しく生きることが全てでした。だからと言って、あの子供時代に戻りたいとは思いません。あの頃からやり直すには、さすがにちょっとしんどいですからね。
などなどと色々考慮すれば、私が時を戻す最適な年齢は25歳!ちょうど今の会社に転職した年でございます。この時に戻って、今の会社に転職するのをやめるっ!と言うことでは決してございません^^; この超零細企業に勤めながらでもいいですから、今やっていることを25歳の時から始めたいのです。そうすれば人間の1つの区切りの年(と、私が考えているだけですが…)35歳までは10年間も残っているし、焦ることなくじっくりと取り組めて、全てにおいてもっと大きく開いていける可能性がありますもの。もう四十路の半ばになれば、どうしたって限界があります。これは悔しいけれど、認めなければなりません。

どうして25歳の時に、もっと開いていこうと考えなかったのでしょうか…。当時だって、その時の自分に決して満足していたわけでもなかっんですけどねぇ…。あの時の25歳なんて、もうオバサンのように感じてしまって、ぶっちゃけ甲斐性のある男性と結婚することが女性の一番の幸福のように考えていました…。どうせこの年まで独身でいるんだったら…あ~ん、そんなこと言っても始まらないのよ~T▽T
とは言っても、70代や80代の方達から見れば、私もまだ可能性を秘めた(?)お嬢さん?0? 80歳になった時に「45歳の時に時間を戻した~い!」なんて思うことのないように今を生きていかないとね…^^;


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2009/03/04 22:08 こゆび44

【感想】映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

※ネタバレも含んでおりますので、物語の内容を知りたくない方は読まないで下さい。


いい映画だと思いました。“人生とは…”と言うようなことが、哲学的なセリフで語られていきます。「人生は分からない。」「(自分が)変わるのも、変わらないのも、自由だ。」「人間最後に行き着くところは同じ。辿る道が違うだけ。」…などなど。なるほどなぁ…と、安堵感と元気をもらったような気がしました。

年を取るに連れて肉体は若返る。年齢を重ねることによって培われる知恵と引き換えに、若さを奪われることもない…なんて幸福なことだろう…と、人間だったら誰しも1度はこんなことを夢想したことがあると思います。どんどん肉体が若返ってくるなら、老いも楽しいものになるのではないか…と。
でもそんな幸運(?)を得ることが出来たベンジャミンにも、私達と同じ様に親しい人達との別れの悲しみはありました。愛し合っている女性・デイジーと、あえて別離を選択しなければならない理不尽もありました。ベンジャミンの姿を見ていたら、自分だけが若返っていく、又は好きな人共に若返っていくことよりも、もしかしたら好きな人と共に老いていく方が幸福なのではないかと思えてきました。老いと共に襲ってくる哀しみを分かち合うのですからね。愉悦を共有するより、哀愁を分かつ…この方が人間の絆を強くしてくれるのではないかと…。この絆を経験しない人生は、ある意味寂しい人生になってしまうのでは…と言う気も致します。
デイジーは最後、肉体は子供でも、老人性認知症になってしまったベンジャミンの世話をします。このデイジーの姿を見て、好きな男性を乳児の頃から面倒をみることは、女性としては至福の喜びではないだろうか…と感じました。絶対に不可能なことなのですけれど…。だからあえて、その幸福を想像してみたら、身体がふにゃぁ~と柔らかく、温かくなってきましたね(苦笑)。

ブラット・ピットが持ち前のカッコ良さを魅せてくれるのは後半の1部だけ。でも素敵でした。老人のメークはちょっとやり過ぎにも感じましたが…。大人達に叱られて、しゅんとする子供時代(外見は老人)のベンジャミンの姿は、何故か女帝に怒られているアホ犬の姿と重なって…。苦笑したわぁ…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2009/03/01 22:37 こゆび44

2009年3月1日(日)

週末は群馬の伊香保温泉に行ってきました*^^*
私、関東の人間なのに、生まれてこの方四十数年、伊香保温泉に行ったことがなかったのです^^;
これを話すと、関東の人間は大抵驚きます…。
そんな四十数年間の悲願であった(?)伊香保にやっと行ってきました…;_;
有名な階段街(って言ったけ?)を訪れた時は感動さえ覚えました…。
何となく大正ロマンの匂いがする温泉街。今回は駆け足の訪問でしたが、次回はもうちょっと極めてみたいですね^^

旅行中に携帯がぶっ壊れました…。どうしようかなぁ…。


※コメントをいただいておりますが、お返事は後ほど…m_ _m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。