プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/02/17 21:18 こゆび44

今日は無礼講で…

そう言えば、去年の暮れから今年の年始にかけて、「毎度毎度のお誘いに♪イヤダイヤダでホホホイのホイ♪」と言う毎年恒例のCMが流れなかったような…。長年にかけて流れていたので、あの調子のいい歌を聞くと「あぁ、今年も終わりだなぁ…」なんて思っていたのですけれど。もうやめちゃったのかな。もしかしたら、もうああ言った感じの会社の忘年会と言うものが、時代と共に消えつつあるのでしょうか…。

忘年会、新年会、歓送迎会…などなど、仕事の場での宴会がありますけれど、いつの間にかお酒の席のチークダンス(笑)てしなくなりましたね^^;
まだ以前の会社に勤めていた頃、初めてこう言った宴会に出席したのは、新入社員の歓迎会でございました。「まぁ、今日は無礼講で。」なんて言いながら、2次会で上司の男性が「こゆびちゃん、踊ろうよ!」と言うのございます。一体何の踊りをするのかと思ったら、チークダンス…。私だけではなく、先輩女子社員達は殆ど男性社員とチークダンスを踊らされていました…-_- 私、あれイヤだったんですけど、当時は上司の言うことに逆らうなんて考えたこともない程素直なOLでしたし、またそういう時代だったのでございます。
挨拶代わりに、男性上司や先輩同僚が若いOLのお尻をタッチしたり、肩をモミモミするなんてことは日常茶飯事。そんな時に「やめて下さい!」なんて言おうものなら、「何だ、あの女は!生意気な!」てなことになりましたね。何だか拒否する女性の方が変人扱いされていました`へ´ こんなこと今の時代では考えられませんよね。こんなことをしたら「セクハラです!」と大騒ぎになりますから。まぁそのセクハラも、ちょっと履き違えているような場合もありますけれどね…。
今の会社の男性陣は、チークダンスもお尻タッチもそんなことはしません。もちろん大社長もです^^; まだ“セクシャルハラスメント”なんて言葉が日本に認識されていなかった頃からそうでした。多分超零細企業だからだと思います。前の会社は所謂大企業と呼ばれていた所だったので、男性陣が偉くなったような、ちょっとヘンな勘違いをしていた人が多かったように思えます。

あの頃若いOLとチークを踊っていた前の会社のオジサン達は今どうしているでしょうか…。もしかしたらとっくにリストラになっているかもね(苦笑)。
「今日は無礼講で。」なんて部下に言っていても、結局自分達が無礼講したかっただけなのよね^^;


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

100円と1000円 | ホーム | 申し訳ありませんが…
Comment
わたくし、お酒を飲めないので、そういう場で無礼講という名を借りたセクハラする奴が大嫌いでした!
大きい会社であればあるほど、そういうことする奴
あたかも、それが正当であるが如く振舞う輩
多いですね!

それで、社員旅行は行かなくなりました
思いっきり、特権を使ってね
そいつらは、ほとんどリストラされましたよ
「無礼講」という言葉ほど怪しい言葉はないですよね。
どこまで本気なのか?どこまでが無礼なのか?
まったく意味不明な場面が多いです。
げんえいさん> 社員旅行へ行かないで済むなんて、スゴイ特権ですね^^
昔の同僚は、社員旅行へ行かないと言ったら、「10年早いんだよっ!」と先輩に叱られておりました…。

「そういう奴らは殆どリストラされた」…冗談のつもりだったんですけど^^; もしかしたらあのオジサン達、本当にリストラされたかも…。


プチホスさん> 本当に「無礼講」なんてロクな意味がありません^^; 特にお酒の席では…。
ただ「下品な行為」を単に格好つけて言っているだけの言葉だと思います…。
ありましたねー、チークダンス、大嫌いでした。今よりも強制されることが多かったように思います。
都市銀出身なのですが、女性のみ社員旅行に行くのに親の承諾書が必要で、かといって承諾書ださなければ、電話で親に了承させたりとか、矛盾だらけ・・・参加すれば宴会は無礼講もいいところ、お酒飲めない上司が一番触りまくってました。
若者達(古いっ)は宴会後が楽しみだったりして。
あんなにセクハラを容認しているのに、社内不倫の二人ともクビになったり。外に対する世間体と内部の違いに唖然としたことがたくさんありました。
会社が大きいと、自分まで偉くなったように思ってしまうんだなって、転職してから気付きました。
男性だけでなく、女性もかなり勘違いしていたように思います。
会社は変だったけど、体育会系のような厳しさがあって根性はついたし、セクハラ以外は楽しい思い出です。
usakumaさん> そうでしょう、あったでしょう~?チークダンス…。
社員旅行のための女子社員の親の承諾書とは…さすがにお堅い銀行さんですね^^; うちはゆるゆるの商社でしたので、親の承諾書は必要ありませんでした^^

企業と言うのは、外観さえ綺麗で立派になっていれば、家の中の壁がボロボロ剥がれ落ちていようが、床が汚れていようが、そっちの方はどうでもいいと思っているようです。情けない話ですね。

そうですね、女性も男性も勘違いしていましたね。ただ会社が大きいだけで、その会社の肩書きがなければただのつまらない大勢の一人なんですけれど^^;
以前の会社でよかったことは、私の場合、今でも付き合える友人達との出会いがあったことかな^^
私もです、友人や先輩達との出会いは財産です♪
お給料もかなり下がったけど、転職して見えたことも意味があったなって思いますね。
あと、転職が有利でした、最初の会社のネームバリューのおかげで。。^^:
商社って、華やかなイメージがあります~。
usakumaさん、やはりいい出会いがありましたか^^ 大勢いたので、中には天敵(?)みたいな出会いもありましたけれどね^^;

あのままあそこに務めていれば今頃は…なんて、お給料や待遇を比べるとちょっと凹むこともありますが、それも自分自身が決めたことですものね。私にもいつか意味がわかる時が来ると思います^^

商社は決して華やかではありません…。得に消耗品の節約はセコかったです…。
私しつこいっ(アセアセ)消耗品で思い出しました~。
最近ボケてきたと思っていたのに、昔の事は覚えているモンです。
ボールペンの支給が3本、インクがなくなると芯のみ支給されました^^;
社内文書のコピーは青焼き(ご存知ですか?)だったし、普通のコピーをとるのには申請が必要でした。
失敗した用紙でメモ紙を作り、タコ糸で縛って使ってました~。

今じゃ絶対考えられないですよね。まさかいまだにそんなことはないでしょうが。

転職後のお給料、待遇の事は転職するたびに言われました(苦笑)給料に関して確かに凹みますね。不思議に後悔はないです。
きっと、意味はあるんですよ。
だからいまのこゆびさんがいるんだし(^^)v





usakumaさん、ぜ~んぜんしつこくないですよ~^0^/
ボールペンの芯は全く同じです!空になった芯を庶務の用度係り(だったかな?)に持って行って、そこでやっと交換してもらえるんです^^;
もちろん、コピーを失敗したからといって、ビリッとは出来ません。小さく切ってメモにしました。まぁ誰も見ていない時はこっそりビリビリ…とやったこともあるんですけど…。
青焼きコピー…知っていますよ^^ 日にちが経つと何か焼けて色がヘンな色になってくるやつですよね。ありましたよ^^ でもこれはA1サイズのみでした。
その代わり、支店間で移動させる書類は、お互いに宛名は鉛筆書きで、消しゴムで消して何度も同じ封筒を行き来させてましたね(汗)。時には裏返しにもしました-_-
意外と大手になればなるほど、そう言うことはセコいんですよね^^; 今もやっているのかなぁ…。

意味がある…そうだ、きっとそうなんだーっ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。