プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/01 22:29 こゆび44

かわいそうと言わないで

いつかの新聞記事で、母子家庭の子供へのインタビューが載っていました。「周囲の反応で嫌なことは?」の問いに「同情されること。お父さんがいなくて“かわいそう”と言われること。」と答えていた子供達が何人かいました。これを読んだ時、私はちょっとドキッとしてしまいました。
「かわいそう」と言う言葉は、たまに捨て台詞的に人を批難したり、また憫笑するような皮肉に遣う場合もありますが、もともとは満腔の同情を伝える時に遣う言葉でございます。

いつだったかスーパーで、アトピーの重症の子供がベビーカーに乗っていて、私は“これはかわいそうだなぁ…”と思いました。すると側にいた何人かのご婦人達が「あらぁ…かわいそうにねぇ…。」とその子供に話し掛けました。すると一緒にいた母親があからさまに不快な表情をしてみせたのでございます。多分そのその母親は「私達は今真剣にアトピーと向き合っている最中なんだから、かわいそうなんて言わないで!」と言うようなことを言いたかったのではないかと思います。
そのご婦人達は、決して高い所から見下したような憐れみや、ましてやその子に敵意を抱いて捨て台詞的に「かわいそう」と言ったのではありません。そこにあったのはただ優しい気持ちの同情だけです。私も自分ではそのつもりでした。
でも「かわいそう」と言われた本人は厭なのかも知れません。腹が立つのかも知れません。きっと実際には、本人達はそれ程不幸に感じていないのだと思います。子供のアトピーによって、より強い親子の絆、夫婦の絆が結ばれている場合があるのですから。

そう言えば、ないないずくし四十路独身女の私の今の境遇も人から見れば「かわいそう~(これには憐れみ、見下しなど色々な意味が込められていると思いますが^^;)」なものかも知れません。でも本人はそれほど深刻に悩んでいませんものね(つ・も・り)。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

飼い犬に手を噛まれる | ホーム | おひとり様限定ツアーてどんなものかしら?
Comment
たしかに「かわいそう」は境遇を哀れむ言葉ですもんね。
自分のことを知ってる人に言われる分には腹もたたないけれど、
通りすがりの人に言われたらそれはカチンとくるかも。
そそ。お一人様だって楽しく生きてるわけですし♪
「かわいそう」
なるべく使わないようにしてる言葉ですね^^
本人にとっては、それが現実で
日常的に取り組んでることだからだと思うのです
もちろん、使った側には、けして見下したって意思がないこともわかるのですが
自己を中心に物事を見ていると勘違いしがちです
世の中、コレが正解なんてないのですからね

と思って日々過ごしておりますが
果たして、どこまでできているのやら。。。
まりコさん> 自分のことを知っている人に言われるぶんには腹が立たない、とは心が広いです^^ 私は知人でもその時の状況によっては、腹を立ててしまうかも?^^;

やっぱり?半分以上のおひとり様は、多分それなりに楽しく生きていますよね♪


げんえいさん> げんえいさんはもう既にこの言葉を使わないようにしていたのですね。私はこの記事を読むまでは、あまり真剣に考えたことなかったです/0\ 軽卒だったと思います。
そうですね、どうしても自分の主観で物事をはかってしまいます。その基準なんて、人それぞれなのですが、ついついそのことを忘れてしまいます。気をつけなければいけないと思っています。


考えさせられる話題でした。
私も、街を歩いていて障害者の方を見たときに「かわいそうだな」と思ってしまうことがあります。
でもそう思っている時点で、上から見ているということなのかも知れない。大変失礼なことですね。
ご本人は障害とともに生きており、その人生は私なんかよりも充実しているかも知れないのに...。
そう分かっていても、私はつい「かわいそう」と思ってしまうんですよね。そういう思考は気をつけないといけないのに、難しいです。
実は私の父親は田舎町では有名な飲兵衛
&特異な病気を持っていたので
「○○さんのお子さんなの~大変ねぇ」と言われるのが嫌でした。

田舎にいると何故か必ず「お父さんは何ていうの?」
と聞かれ子供ながらに「かわいそう」と思われているのが
解っていたのでいつも父親の名前は言わないようにしてました。
たくみんさん> そうですね。自分ではそんなつもり毛頭ないのに、知らず知らず上から見てしまっているのかも知れないです。
障害と共に生きると言うことは、きっと様々な努力をしているのだと思います。なのでそれを乗り越えた時の充実感や喜びは、私の想像を超えるもので、私には一生味わえないものなのだと思います。
そんな風に考えると、どちらが寂しい人生なのか…よくわからなくなります。


プチホスさん> 子供は意外と敏感ですね。子供だからと言って、いい加減に接してはいけないのですね。
結局、大人も子供も嫌だと思うことは同じなのですが、考えるとどうして「かわいそう」と思われることに嫌悪を覚えるのでしょうかねぇ…。私もそうですが、不思議です。やはり見栄みたいなものなのでしょうかねぇ…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。