プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/29 23:20 こゆび44

今頃は億万長者だった?

黒人演歌歌手のジェロさんが注目されていますね。曲も売れているようですし、今年の紅白歌合戦出場も夢ではないでしょう。でも今歌われている歌、あれはジェロさんが歌ったから売れたようなもので(汗)、恐らく平凡な演歌歌手が歌っても、世に出なかったかも知れませんね…。
白い羽根まみれの(?)派手な衣装を着て「やだねったら♪ やだね♪」と歌う氷川きよしさんを初めて見た時も、「ふざけたのが(すいません…)出てきたなぁ…。」と唖然としていたのですけれど、私の予想を裏切って大ブレイクしまして^^; そうなると今度は、いつか母を氷川さんのコンサートに連れていってあげたいなぁ…などと考え始めるのでございます。

やはり人と同じことをやっていてはダメなんですよね。人が思いつかないことを閃いて、そしてそれを形にしていく行動力。何においても二番煎じでは意味がございません。
さて、まだ昔、カラオケと言うものが普及し始めスナックで大人気だった頃、私は1つ閃いたものがあったのでございます。
あんな風にステージに立って人前で歌を披露するなんてことが苦手だった私(今でもあまり好きではないですが…)。でもどうしても歌わなければならない状況に迫られることもあり、“あぁ、練習出来る所があったらなぁ…”と、切に感じていたのでございます。その時に閃いたのが「少人数用のカラオケ個室」みたいなものだったんです。それだったら気心の知れた仲間達だけで思いっきり練習出来るのになぁ…、あったらいいなぁ…と。
実行力のある人間だったら、きっと実現のために奔走したことでしょう。でも私のような腰の重いパンチのない人間は、願望や妄想だけの世界に留まり、アクションを起こすなんて思いもしなかったのですね-_-
そんなこんなしている内に、今のカラオケBOXの走りのようなものが登場して。今度はそれに人々が行くようになりました。

あの時、行動を起こす精力があったら…もしかしたら一番乗りにカラオケBOXを世にお目見えさせることが出来たかも知れないのに…。そうすればもしかしたらあの時のブームの儲けで今頃は億万長者になっていたかも知れないのに…。
なんて…おめでたいことを言ってみました…。私が閃いた時点で、もうとっくにそれを考えついて、奔走していた人が何人もいたわよね^^;


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

【感想】小説『浮雲』 | ホーム | ◇テレビ◇『ボクらの時代』
Comment
昔は本当に「BOX」と呼ぶにふさわしい箱でしたよね。
だから飲み物とかフードの注文するのもちょっと申し訳なかったような記憶が…
プチホスさん> ええ、「BOX」と呼ぶのにふさわしい程貧弱(?)な箱でした^^;
一番最初の「カラオケBOX」って、飲み物とか料理なんかなかったような…。随分昔の話ですが…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。