プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/20 14:59 こゆび44

ない袖は振れない

親しい友人にお金を貸せますか?「ちょっと立て替えておいて。」と言うような小銭ではなくて、ある程度まとまった金額を。
私は絶対に貸しません。まぁそんな頼みを友人からされたこともないのですが^^; でも、これからもし友人がそんな話をしてきても、きっぱりとお断りします。もし断ったことで友情が壊れたとしても、それは仕方がないと諦めます。たとえ貸したとしても、結局最後は壊れることになると思いますから。金銭のトラブルは実にやっかいなものでございます。

ある男性がウチの大社長に借金の依頼に来たことがあるのです。大社長は断ったのですが、取引先の社長さんは貸してあげたそうです。何百万単位のお金をね。ウチの大社長はその社長さんに忠告したのですよ「絶対に返ってこないからやめとけ!」と…。
で、やはりいつまで経っても返してくれなかったそうでございます。多分これからも返ってくることはないでしょう…。催促の電話をしても、奥さんが出てきて「ないものはないんだからしょうがないでしょっ!ない袖は振れないのっ!」と逆ギレしていたのだとか-_-
その社長さんは腹が立って腹が立って、もう涙目状態^^; 人のことながら、こちらまで腹が立ってしまいましたよ`へ´ その言い種がね…。

まぁ貸した方にも責任があると言ってしまえばそれまでなのですが、一言も詫びの言葉がないとはどういうことよ…。恐らく色んなところから借金をしていて、取り立ての電話にも慣れてしまい、その内にヘンなふてぶてしさまで身に付けてしまったのでしょうね。お金を貸してあげたあげくに、どうして涙目になるほど悔しい思いをしなければならないのさぁ~。
もしお金を誰かに貸すのだったら、返してもらおうなんて考えずに、もうあげるつもりで貸さないとダメですね。確かにない袖は振れないのですから…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

あなたのそこが我慢ならない | ホーム | “いい人”にならなくていいっ!
Comment
私は、嫁の立場ですが、気安く何百万のお金を貸してくれないかと嫁ぎ先の親が主人に言ってきたそうで、私は反対しました。
いつ返してくれるか見通しがないのと、主人の弟と親が自営業をしていて、失敗したのが原因だからです。
それなら弟夫婦でなんとかするべきだと思います。
親は子供に甘いので、借金を残されたら長男の主人が肩代わりすることになります。
それなら、できないことをいつまでもして欲しくないです。
主人には、貸したら返ってこないよと言いました。
こんばんは。おじゃまします。
「捨てる気になれないなら、貸すな」と両父に言われて育ったのですが…

お金は友情も愛情も0にしてしまう可能性大ですよね。額に関係なく。
悲しいケド、売るものすら無い人には貸してはいけません。

お金はあげるつもりで貸さなきゃいけない・・・・とはよく言われますよね。
生活が困窮してくると常識なんてどうのこうの言ってられなくなり
逮捕されなきゃ居直っちゃえの域に達してしまうのかもしれません。
話がちょっとズレますが私の知り合いの人の同級会での話----
地元で一番の進学校で商売も順調だった男性が幹事をやっていたのだけど
商売が立ち行かなくなりついに皆から集めた会費を持ってトンズラ・・・・
その人にとっては既に信頼、友情、後ろめたさなんてことより
目先の苦しみから逃れることしかなかったのでしょう。
ここまで極端でなくても人と余裕を持って付き合うには
借りない貸さない、普段の生活は倹しくても
いざという時の準備資金をガッチリ貯めておく必要があるなと日々感じています。

私も、ありますよ。。。
連絡したら、同じように
ナイ!
って言われました
ま、覚悟はしてましたが。。。
なっちゃん> これは嫁としては難しい状況ですね;_;
絶対に断りたいのですが、嫁という立場上そう無碍に断ってもいいのかと…私ならかなり悩んでうじうじしそうです…。
でも、毅然として断りましたね^^V
本来なら断ってもいいことだと思いますから。


ブミブミさん> どうもです^^
私も両親や人生の先輩の方々から「人にお金を貸すな!」と言われてきました。
ちゃんと期限に返済すれば、友情関係も壊れないので済むのですけれど…。返ってくる方が圧倒的に少ないようです…。
ホント、どんな人にもお金を貸してはいけません…。


四十路パート2さん> そうなんですよ、正に「貧すれば鈍する」なんですよ。
会費を持ってトンズラ…よくありそうなことですねぇ…。
でも、そこまでしてお金を手に入れて、ちゃんと商売を立て直すことが出来たんでしょうかね。恐らく難しいと思いますが…。

ガッチリではなくても^^; そこそこに貯めておかないと不安ですよね。
まさかの時は、100万、200万のお金があっという間になくなってしまうものですから…。


げんえいさん> えーーーっ!げんえいさん、お金を貸してあげたんですか!?
優しいんですねぇ。
やはり、男性は友情を大事にするものなのですかねぇ…。

上司が内緒で「お金貸してくれ」と泣きつかれ、しぶしぶ(ホントーにしぶしぶ)お金を貸しました。3ヶ月かけて返すといわれましたが、返ってきたのは最初の1ヶ月分だけ。あとは知らん振り。上司ですよ?・・・離婚後の貧窮した生活で貯めたお金というのも知ってるくせに、催促しない(できない)のをいいことに返ってきません。その代わり・・・
いつもワタシにお菓子やジュースをおごったり、晩ご飯のおかずや季節の野菜をくれました。それで穴埋めしようとしてたんでしょう。完全に的外れですけどね、いつまでソレを続けるつもりなのか・・・結局上司はワタシからの信頼を失って負い目を感じて、自責の念からワタシに色んな「貢物」を(勝手に)するハメになり、借りたお金以上のリスクを背負ってたような気がします。
主人は、親の老後の世話を私にさせようと思っているようで、それなら貯金が要りますよね。
義理母も、若くして結婚して、苦労したようで、姑はすぐに他界し、まだ独身だった義理兄弟の食事や洗濯をさせられ、舅が他界して相続でもめたようで、その時できないとはっきり言ったらしいです。
嫁の立場は分かってくれているようです。兄弟にお金の援助までできません。
はづきさん> 上司から部下へ借金の申し込みって…絶句ですね+0+
それはある意味職権乱用と言ってもいいんじゃないですか?`へ´
上司からの申し出だと、まぁそんなことはしないと思いますが、断ると仕事の面で意地悪をされては困りますものね。
そこら辺のことを気遣ってくれるといいのですが…そんな上司にそれを期待する方が間違いなのでしょうかねぇ。
ジュースやお菓子で穴埋めされてもねぇ…子供じゃないのですから…。
世の中って、本当に色んな人がいるんですねぇ…はぁ…。


なっちゃん> お義母さまの老後の面倒を見るとなると、それは尚更貸すの無理です。
老後の世話は、お金の面倒をみるより、労苦がいるかも知れませんものね。
たまに考えることがあるのですが、老いた親を抱える時、ある程度のお金を出して誰かに看てもらうのと、お金をかけずに、自分で看るのと…どちらがいいのかなぁ…なんて…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。