プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/03 22:29 こゆび44

これも加齢による寛容かしら?

またドラマ『東京大空襲』からリンクした話になりますが、主人公の男性は、空襲で亡くなってしまった女性を最期まで想い続けていました。それでもその間には結婚もして、家庭も作ったようですけれど。でも最期は、60年以上も前に死に別れてしまった女性を想いながら旅立っていきました。

で、これはあくまでも物語ですので、こんなこと考えるのは邪道かも知れませんが。自分の亭主の心の片隅に、ずっと想い続けている女性が存在しているのを知らずに、結婚生活を送る女房ってどんなものよ??と、思ってしまったのでございます。
若い頃の私でしたら、何だか自分がコケにされたようで、悔しくて悔しくて、何か相手(亭主)に復讐を…なんて物騒なことを考えたかも知れません^^; でも今だったら許せるかなぁ…とも思うのですよ。許せると言うか、諦めがつくと言うか…。そりゃああまりいい気持ちはしないのでしょうけれど。多分…取り乱すことはないのではないかと…。
また浮気に関しても、本当にそれが浮気心だったら許せるかなぁ…と(但し、ヘンな病気をもらってきたら隔離しますけれど…)。だって所詮浮気でしょ…。
こんなに(?)寛容になったのは、これも加齢によるものでしょうかねぇ。だったら年を取るのも悪いことばかりじゃないと言うことですね^^ 但し、両方とも友人や知人達には絶対に知られたくないですね。周りの人間達だけ知っていて、自分だけは知らなかった…なんてことは耐えられんぞーーっ!! 黙っておけないのなら、どうぞ私だけに告白して下さいm_ _m m_ _m m_ _m と言う感じでございます。

以上、一度も結婚の経験のない四十路女の戯言でしたが、もしこれから結婚をして、相手の浮気でも発覚したら…。髪振り乱して取り乱し、喚きちらして半狂乱になったりしてね…。十分あり得る…-_-


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

「死ぬまで働くのよ。」 | ホーム | 話下手のどこが悪いっ!
Comment
こゆびさん、こんにちは。

私の知り合いの男性(独身40代)に
「片思いのまま、相手は何年も前に嫁にいってしまい、
それでもまだ惚れている。」
というのがいます。
でも今現在その男性には恋人がいます。
私は、とても不思議で
(わたしにはありえない思いなので)
「えーっっっ、、、。」
と質問したい内容もわからないまま絶句しました。

ですので、「今でも思っている女性がいる」と発覚したらたぶん別れます。
ただ、その「思い方」にもよりますが、、、。
しかし、人間年をとると、
「いいこと」「悪いこと、この場合は相手を傷つけること」がわかってくるので、
そういった意味で”大人”な人がいいです。
また、年をとったから、人を見る目も養ってきているはず、とも思いたいです。

周りだけ知っていて、自分は知らない、という経験もしましたが、
知らないなら、墓の中に入るまで知りたくないです、、、。

こゆびさんのことを、主人公の男性のように、
どこかで思っている人がいるかもしれませんよ~。
事故や事件で、妻と子供を若くして亡くしてしまったご主人のことを思うと、新しく家庭を持つほうが乗り越えられるのではないかと思いますが、相手はかなり寛容な女性でないと夫婦になれないなあと思います。
夫に愛していた前の家族があったことを、理解しなければなりませんね。
私は、主人だけでなく、主人の両親や兄弟を理解することすらできていません。
カンガルーさん> どうも、こんにちは^^
え~、そんな40代独身男性がいるのですかぁ?
まだ惚れていると言うことは、今の彼女は自分の寂しさを埋めるためにお付き合いしているってことなのでしょうかねぇ…-_-
もしさうだったら、彼女はたまりませんね…。そうですね、それを知ったら、さようなら~ですね。
多分その男性も、自分がしていることは相手を傷つける行為だとは承知していると思うんですけれどね。
まぁ、男性は女性と体の構造も違うので、そこら辺のこともあると思うのですが…。
でもだったら、素人ではなくてその道の女性を相手にすればいいことですので。

周りは知っていて自分だけは知らない…もしかしたら、私もそんな立場になっているのかも知れません。ただ自分が今まで気付いていないだけで…。
臨終まで知らないのと、とことん確かめるのと…どっちがいいか、ちょっと悩みますねぇ…。

私のことを思っている男性は、これは決して謙遜ではなく、いないですね^^;


なっちゃん> 死に別れは生き別れより始末が悪い…とよく聞きます。
私も、新しい家庭を作った方が早く立ち直れると考えている方ですが、自分がそういう男性の妻になりたいとは思いません…(汗) 
情けないけれど、器の小さい人間でございます…;_;
おじゃましまぁす。

こゆび先生、こういう男性凄い多いと思いますよ。
20代の頃、男友達にそういうのがいて
「男らしくないね。それでも○○君の長所は認めてるケド」と言った経験があります。

20代でそういう事グヂグヂ言っていた男性たちは30代に入ると大半結婚しました。本命以外と。
お互いに、諦めきれない人を胸に秘めながら結婚してしまった夫婦…スッゴイいます。
でも不思議と上手くいってますね。

「寝ても冷めても…っていう相手じゃないけど、一緒にいて心地いい」
この返答が圧倒的ですv-14

v-12えぇ~そんな状況で結婚してしまうなら、舞台で踊ってた方が全然良いよ。
としか思えないワタシでした。
ブミブミさん> どうもです^^

“凄い”と言うほどそんなに世の中に存在するのねぇ…。
う~ん…確かに恋愛と結婚は違うと思うのですけれど。
でも違う人と結婚するなら、そこら辺はきっぱりと気持ちを切り替えて欲しいですよね^^;

ブミブミさんはダンスがあるからいいでね^^
私ももっと熱中出来るものがあるといいのですが、そこまで燃やせるものが今のところはありません…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。