プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/18 17:01 こゆび44

追いかけて…追いかけて…

歌手や俳優やら、まぁそう言った諸々の芸能人の追っかけと言えば、昔は若い子のイメージがありましたが、今は違います。中高年も(特に女性ね)追いかけるのでございます。
かくいう私も、俳優の藤原竜也さんを追いかけているわけです…-_- 自分では「別に追いかけているわけじゃないよ~」と認めないわけですが、友人達に言わせれば、私は立派な追っかけなのだそうです…。

で、この追っかけなるもの、精神科医の分析によりますと、「現実恋愛目標型」と「理想恋愛追求型」の2つに分けられるのだそうです。前者は追っかけを、あわよくば恋愛まで持ち込みたいタイプ。後者は現実の恋愛にならないからこそ追いかけるタイプ。私は後者でしょう。まぁ中高年の追っかけの場合は殆どが後者だと思います^^; 前者はきっと若年追っかけにいるタイプなのではないでしょうか。
また、精神科医は中高年追っかけを「退行=子ども返り」と考えているそうでございます。追っかけは、若い時に願っても満たされなかった思いを今に置き換える作業、癒しの作業なのだとか。ふ~ん…一体私は若い時に何が満たされなかったのか…と考えてみると、きっと誰にも憚らず「私、今この人に熱を上げてるの~*^^*」と言えることだったのかなぁ…とも思うのですよ。意地っ張りで素直でない私は、好きな男性とのことをあまり友人達には話さなかったような気がするのです。何だかヘンな興味で面白がられるのが嫌で…。その点相手が芸能人ならば全然平気。だってフラれることも付き合うこともまたドロドロになることも、兎に角そう言った未来は2人の間にはないのですから^^;

このテのことに全く興味のない人からしたら、中高年の追っかけの女性なんて非常に低能な存在に見えると思います。でもね、癒されているのです。元気をもらっているのです。明日の活力にしているのでございます。大丈夫なんです。ちゃんと現実の世界に戻ってくるのです。でも、今の状態よりも深く嵌ることのないように気をつけます^^; ほどほどに熱くですね。
さてと、もうすぐ藤原さんの舞台が始まります。暫しの間、夢の世界へ飛んできます^0^/


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

背水の陣 | ホーム | 三角に折らないで
Comment
こゆびさん、こんにちは。

これは、「追っかけ」とちょっと違うのですが、
私の場合、寝ている時に見る夢にたまに、俳優などが出てくることがあります。
別に、な~んとも思ってないひとなんかの夢も見ます。
しかし、その夢を見てから数日は、
なんだかその人のことが気になって、
「どんな人なんだろう。」と調べることもあります。

いい男(私にとって)だと、ポ~ッとしてしまうこともあります。

私の場合は完璧に「現実逃避」です。
カンガルーさん> それは俳優だけに限らず、普通の一般の人にも当てはまりますね^^
別に意識もしていない男性が(時にはもう何年も会っていないような人も)夢に突然出てきたりして@_@
あれは一体何なんでしょうか…。
滞在的にも絶対思いを寄せているわけではないんですけれどね^^;

いい男は非現実の世界だからこそ輝くんですよね~^^
私の周りには結構追っかけやってる人いますね。一人はV6岡田君で、もう一人は宝塚の男役の人、松田聖子ちゃんの追っかけもいますし、隣人はキンキの剛君。。。そういう人たちを見てると、とっても羨ましくなります。毎日の生活の中に張り合いや潤いがあって。。。私は今までそういう楽しみが無かったので、何か熱くなれるものを探してます。。。探して見つかるもんでもないですけどねi-179
はじめまして(だと思うのですが)。
四十路半ばのyumyumと申します。

とても引っかかる日記だったのでコメントさせていただきます。

「追っかけ」まではいかないのですが
昨年、唐突にジャ●ーズの某にはまってしまいました。
もう10年以上も活躍している人たちのに、なぜ今……?

冬ソナがブームの時、ヨン様を追いかけるおばさんたちを
「いい年して見苦しい」と笑っていましたが、今は、まったく笑えません……。
反対に、その行動力がうらやましく思えます。

若い頃、確かに好きなミュージシャンや俳優はいましたが
地方コンサートに遠征したり、ファンクラブに入ったり
雑誌に掲載されるたびに購入したりと、
そんなことは、まったくやったことがありませんでした。

>中高年追っかけを「退行=子ども返り」
私の場合、これなんでしょうか???

奇しくも、ジャ●ーズにはまったのは
今のオットと同居し始めた時期と一致します。
リアルな恋愛が一段落して、次に本当に
理想とする男性を探し始めたのか……。

もう、ほんとに理由がわかりません。
四十路にして、わけわかんない自分、
制御できない自分になってしまいました。

ちなみにシアターコクーンの「オレステス」は観ました。
運良く通路側の席だったので、竜也さんを間近で見ることができ
上半身の筋肉にびっくりしました。
沖田さんも見てたけど、舞台のほうがぜんぜん良かったです。
mmさん> はい、確かに生活に張りが出てくるものです^^
それと同時にいつも追い立てられているような感覚もありますけれど…。
何か熱くなれるもの…ある日突然にやって来るものだと思います^^


yumyumさん> はじめまして^^
そうなんです!ある日突然に嵌ってしまったんです、私も…。
私も自分が藤原さんのファンでなかったら、ヨン様を追いかけるおば様達を絶対に嘲笑していたと思います…-_-
地方へ遠征したり、ファンクラブに入会したり、雑誌を購入したり…正にそれです…。見透かされているようです^^;

この嵌り…ちょっと自分でもよくわかりませんよね。自分にこんな部分があったことさえ驚きですから。
始めの頃は、そんな自分に恐くなってしまったこともありますが、今はもう開き直ってます^^;
飽きるまで続けていこうと思っています。

『オレステス』を観劇なされたのですね^^
私も映像より舞台の方が断然素敵だと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。