プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/01 21:05 こゆび44

おひとり様の遺言書

以前、おひとり様の伯母が亡くなった時に、“自分の死後の後始末のことは明文化しておいた方がいい。”と書いた覚えがございます。やはりこれは正解のようです。新聞で定期的に掲載される【ひとり社会を生きる】と言う特集にも単身者の遺言について触れておりました。

事例としてこの記事に登場した人達は、かなりの財産を残して亡くなったおひとり様が多いので、事情が私の場合とはかなり違うと思ったのですが^^; まぁ参考にはなりました。
例えば、親も兄弟も既に亡くなってしまっていたある単身高齢者の女性の数億(!)の財産を相続したのは、結局故人と会ったこともない顔も知らないような姪や甥達だったり、またそんなことになるのを嫌って、友人に財産を残すことを遺言した方もいらっしゃいました。
確かに血の繋がりはあっても顔も見たことのない血縁者に財産を渡すなんて、何となく理不尽な思いがするような気もします。だったらお世話になった他人様に残す方が有意義なのではないでしょうかねぇ…。私の場合は両親が亡くなっていたら弟にいくわけですが、もし弟の方が早く亡くなったら(←弟は絶対に私の方が長生きすると言っております^^;)、姪にいくわけですね。今のところはまだ可愛らしいから“姪っ子ちゃんに残してあげてもいいなぁ~”と心から思いますけれど、子供は成長するもの…。このまま可愛げのあるいい子に成長してくれれば問題はないですけれど、小憎たらしい女になったらどうしようか…。“絶対にあの子にはびた一文やりたくねーーっ!”と思うでしょうね…-_-
そんな場合、遺言書を書く前に急死なんてことになったら、悔しくて本当にあの世から化けて出てきたい気持ちになりますねぇ…。

なんて…これはかなり財産を残しておけるおひとり様の話でございます…。あまり私には関係ない心配事でしたわ^^;
そんなことよりも、最低でも自分の後始末に必要なお金だけでも残せるように頑張らなければなりませんです…はい…。
でも、両親が亡くなったら、いかにも小金を持っているふりをしながら弟家族に期待をさせて、彼等の欲を刺激しながら翻弄したら面白いだろうなぁ…`▽´と、えげつないことを考えたりもするのでございます…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。


スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

贅沢は麻薬 | ホーム | 歩く…歩く…。
Comment
遺言かぁ、もうそのような年になったのですね。
こうなったら、とりあえずこゆびさんと結婚して
喪主になってもらおう。私の方が先に死ぬに決まって
いるから、これで心おきなく死ねる。私には遺産も何も
ありませんけど・・・よろしいかしら?
ワタシも残す財産はぜーんぜんっ♪ありませんし、もしあっても
全部自分のために使い切ってしまうでしょう。というか、
必要なお金さえも足らないかも・・・(コッチのほうが可能性大・大・大☆)
「お金?イランよ、全部あげる」ってスラリと言えたらカッコイイけどなぁ
私が今でもお手本にしたい、いやさせて頂きたい人物の一人に
アンドリュー カーネギー氏がいます。
学生の頃ならいざ知らず、既に人生の半ばにさしかかった今、
こんな途方もない夢を実現できるかどうかは …? ですが
親の遺産相続をあてにして虎視眈眈と狙っているバカ子息さん達に
彼の話を聞かせてやりたい 爪の垢でも飲ませてやりたいと
個人的には思うわけです。
人間必要以上にお金を持つとロクなことありません。
沢山持てば持ったでどうすれば守れるか悩みは尽きないし
それ以上に増やしたくなるし、彼のアイザック ニュートンでさえ
投資で大損してるじゃあないですか
何事もほどほどが宜しいのでは?
かといって妙にやせ我慢を薦めるわけでもないのですが、
ごく普通の家庭に産まれ、これからもたいした遺産を残す確率が
あまり高くないであろう自分に不思議と共感を覚える
今日この頃でした…。
はじめまして。しいたけと申します。

私も一人のままで最期を迎えそうなので、遺言を作っておこうと思っています。
基本的には、すべて寄付するつもりですので、どこに寄付するのかを決めておかなければなりませんね。

お金を残すと遺族の争いのタネになるので、親戚関係にお金を残す気はまったくありません。(そのように家族にも言ってあります)

冷たいんですかね~
でも一人で生きてると、お金に関してはそれなりにシビアになってしまいます。。。

おひとりさま人生まっしぐらです。。。
kagemitunaさん> 喪主とか葬式とか…そんなことばかり考えての結婚ほど後ろ向きなものはないような…^^;
喪主なんて言う立場、私には務まりませんことよ。もう弟が生まれた時からそういうことは長男がやることだと思っていたし。
配偶者も持たなかったので、いつの間にかそう言う心構えはになくなりました~^0^


はづきさん> 自分が死ぬ日にちが前もって正確にわかるようになれば問題ないんですよね。
そうなったら、私もその日までに全部自分のために使い切ってしまいます^^V
「お金、いらない。全部あげる。」これが言えたら、ある意味人間完成でしょ…。絶対に言えない…。


yosiさん> 何をやるにも遅すぎることはない…と思いたいですけれどね。
親の遺産をあてにしている男性…頼りなくてあまり魅力は感じないですね。と言いながら…利害が絡むと、どうなるか…自信はありません^^;
確かに庶民が必要以上にお金を持つと、ろくなことがないかも知れません。
一攫千金をものにした人が、意外と幸福になっているかと言えば、そうでもないようですしね…。


しいたけさん> はじめまして^^
寄付という手がありますね。ただ何処に寄付をするのか決めるのが結構難しいかも知れませんね。
親戚が相続争いになるほどお金を残せることは、私の場合はかなり確率が低いと思います。ははは…^^;
お金に関しては、シビアになって丁度いいんじゃないんですかねぇ^^
私の場合は財産と言うより借金だけは沢山あるので
ある意味死後整理は面倒かもしれませんね。
そういう意味でも自分の借金を整理する分の保険は
ちゃんと自分で掛けておかなきゃならない…
と思うことが少し悲しいプチホスです。
まさに今、その渦中に巻き込まれているでヤンス

国大などで研究と講義に明け暮れていた叔母が、
何の準備もせずに寝たきりになってしまいました。

その被害たるや、姪の私にまで及んでいマス。
財産なくてもこれだけ迷惑をかけるのか。と、
青くなりましたネ。
お金も財産もないので、残すことの心配より
自分が老後生きられるかの心配のほうが切実というところです ^^;
でも、遺言書というのか、自分の死後こうして欲しいという
要望書のようなものは書きたいなーと思ってしまいます。
たとえば骨は海にまいて欲しいとか(決めてませんが)
臓器提供についてとか、
持ち物は全部捨てて欲しいとか。
ただ…身内がいないので誰に頼めばいいのかという悩みは
ありますね ^^; やっぱり結婚相手探したいなー。
プチホスさん> 確かに借金を残して(中には借金だけの人も^^;)亡くなっていく方もいらっしゃいますよね。
でもそういう場合は、財産放棄をしてしまえばいいと聞いたことがあるんですけど。
そんなに甘いものでもないかしら^^;


ブミブミさん> いや~ん、耳が痛いです…。
私はそんな高尚な研究とか講義には明け暮れてはいませんが^^; 「迷惑」と言う言葉がずっしりときます。
そうですよね、やはり叔母に迷惑を掛けられると、姪としては腹が立ちますよね。
肝に銘じなければ~T0T


雪夜さん>  本当にそうです。老後をちゃんと生きていけるか…もしかしたらこれが一番の心配事かも…^^;
自分の死後、どうして欲しいのか…そんなに多くは望んでいないんです。出来るだけ遺された者達に負担がかからないようにと思っています。
結婚もいいんだけど、相手に先立たれたらなぁ…^^;


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。