プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/11 22:47 こゆび44

私の入るお墓はどこ?

前々回の【ひとり社会を生きる】特集の続きでございます。
死んだ後、おひとり様だからと言って、ずっと遺体をそのままにしておいていいはずもなく、誰かに焼いてもらって遺骨となるわけですが、問題はその後。“私の入るお墓はどこ?”と言うことでございます。
お墓の問題は結構ややこしく、1つのお墓に家族全員が誰でも入れると言うわけではないらしいのです。原則的に長男のみで、他の兄弟達はそれぞれ自分のお墓を建てなければならないそうです。

ある40代独身女性は自分用のお墓を購入したそうです。両親もなくなり、兄弟もない一人っ子のようですから、亡くなった後は、誰か親戚にでもそこに入れてくれるように頼むのでしょう。この場合、わざわざ自分用のお墓を建てなくてもいいような気もするんですが…。両親と一緒に入っちゃっても、なんら問題ないと思うのですけれどねぇ…。ま、余計なお世話ですね^^;
またある独身女性は、単身女性用の共同墓の会員になったそうです。私、こんな便利(?)なものがあるなんて知りませんでした。費用は入会金を含めて23万円だそうで、亡くなったら、遺骨の一部は小さな骨壷に安置されて、残りは共同墓内に合葬されるそうです。毎年バラの花が咲き乱れる頃、会員達が集って追悼会を開くのだとか。血縁を越えたこんな関係も、ある意味素敵かも知れません。
またある独身男性の場合、その焼骨は粉末にされ、名前入りのプレートに加工されたそうです。今その男性は、名刺大のプレートになって、3人の友人の手元で眠っているそうです。これはかなり信頼出来る友人を持たないと難しいと思います。私には今のところ、そこまでしてもらえる友人はいないかなぁ…。

その他にも、指定した場所に散骨してもらうとかありましたが、はてはて、私にとってどのようにしてもらうのがベストなのでしょうか…。
お墓の中まで独りなのはちょっと寂しいかなぁ…^^; 他のお一人様仲間と一緒もいいけれど、許されるものなら私は両親と一緒の場所に眠っていたいですね。
いつか冗談半分に弟夫婦に言っておこうかしら。「最悪の場合、密葬もやらないで焼くだけでいいから、私の骨はウチの墓にぶっ込んでおいてm_ _m」。
両親と一緒の墓に収まったら、私の人生、めでたしめでたしで終わる…かな??


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

ネクラ!? | ホーム | 贅沢は麻薬
Comment
こゆびさん、こんばんわ。
入る墓ですか、現実的な話ですね。
ただ、1人で死んだ時に発見されるか
どうか、不安ですね。やはりこゆびさんに喪主
になってもらう方がいいですかね~(-。-)y-゜゜゜
何やら湿っぽいお話ですが、こゆびさんは常日頃からこういったことを考えておいでですか?
まぁ現実的な問題として、いつかはお世話にならないといけない問題だし、そろそろ自分が入る墓のことなどもチラホラ脳裏をよぎるようになるでしょうヨ。 
ボクなどもかつては、死んだ後の墓のことなどをあれこれ考えた時期がありました。 このまま独身で死んだらやっぱり、親のもとに世話にならないといけないのかなぁ など
だけど「あること」を知ってからそのようなことはあまり気にしなくなりました。ひょっとすると墓などは必要なくなるかも? など 大それたことを考えるようになりました。
トンデモの部類に入るかも知れないし 「危ない奴」と思われるのも嫌なのでこれ以上は控えたいと思います。
単身女性用の共同墓、なんてあるんですか。へぇぇ。
自分の死後に会員とは言え見知らぬ人たちに追悼されたいとは
わたしは思いませんけれども・・・。
もともとそういった形式的なことに興味がなくて、
自分を形として残すことは考えていないので、やっぱり海かな ^^;;
「検体」しょーかなーと考えてますが・・・(ドウかな?)
医療研究用の資料として、ワタシの身体を提供できればいーかなと。
ワタシはひとりっこですが、両親の墓には入りたくないんで
(親嫌いとかじゃなくて、ふたりの間にわりこみたくないんスよ^^;)
天涯孤独なら葬式もいらないし、検体なら医学の役に立つし(かな?)
自分勝手に生きてきたワタシなので、最後ぐらいは社会奉仕♪
なーんて・・・その場になったらドウ変わるかわかりませんが(爆☆
死後の世界のことはよく解りませんが、
自分の収まる場所があるかないか?
又はそこが落ち着いた場所がどうか?
というのは切実な問題ですよね。
私もそろそろ他人事じゃなくなってきます。
kagemitunaさん> どうもです^^
一人で死んだ後発見されるか…実は近所の一人暮しの男性(50代)が、孤独死をして10日間発見されなかったことがありました。
まぁ、適度な近所付き合いとか、ちょくちょく顔を出す場所を作っておくしかないですね。
あとは友人とマメに連絡を取り合うとか…。
意識して自分の存在をアピールしておかないと^^; 自宅で腐乱死体…なんてこともありえます…。


yosiさん> 常日頃と言うわけでもないのですが、こんな記事を目にすると、どうしても考え込んでしまいます。
両親が健在なうちに死んでしまえば、両親がなんとかやってくれるでしょうから心配はないんですけれど^^; 両親がいなくなってしまった後は…。
ただただ弟を始めとする身内と他人様に迷惑を掛けたくない一心なんです;_;
私も何かのきっかけで、そんなこと全く気にならなくなったら、気が楽になるんでしょうけれど…。


雪夜さん> 色んな考え方がありますからね。それはそれでいいのではないでしょうか^^
私も形式には興味がありませんが、納まるところに納まって…。その後はほったらかしにされても構わないんですけれど^^;


はづきさん> 献体ですか…幼馴染のお父様がそうされましたよ。奥様の意思で。
私はまだまだそういう奉仕の気持ちにはなれないんです。お恥ずかしいのですが…。

ご両親の間に割り込みたくないなんて、仲がよろしいんですね^^
私の両親は2人だけじゃあつまらない…なんて言うかも。あ、私の両親も仲はいいんですけどね^^; 
プチホスさん> 私も死後の世界はわかりません^^;
でもとりあえず、遺骨は何とかしなければなりませんから…。
行き先が決まればそれでいいんですけれどね^^;
それがすんなり決まるかどうか…そこが切実です…。
親が「結婚しろ」と言うのは、ソコなんですかね。
兄弟をあてにする気はありませんが…
一生独身と真剣に考えた時、
「自殺できるうちに自殺できる勇気を持ち続けよう」
と結論に至りました。
ダークな話で申し訳ないのです…
今は、そんな風には考えてナイです。
ブミブミさん> まぁ恐らくそれだけではないと思いますが…^^; 親にとっては、自分の子供がいつまでも独身でいると言うことは、全てにおいて兎に角心配なのだと思います。

自殺する勇気は…ないなぁ…。でも自殺する覚悟で何でも死ぬ気になってやれば、物事、好転するかも知れないですね^^V
本当に死んじゃったら、絶対にまずいけれど…。
はじめまして<(_ _)>
ブミブミさんのところから飛んで来ました。
で、カウンターを見たら、
077770
だったので、思わずコメントしちゃいました^m^
わたしも今年から四十路に突入。
お骨に関しては、以前はこゆびさんと同じように両親のお墓に入れてもらうことを希望していましたが・・・
今では、散骨を希望しております。
あるいは、無縁仏でもかまいませんしね。
死んだ後、魂は肉体から離れて、生まれる前にいた場所に戻って行くという説をある本で読みましてね。
で、だとしたら、焼かれたあとの骨の置き場所なんて、どこだって同じだな~と思って・・・
すごく、気が楽になりました(^。^)y-.。o○
ねこきちさん> はじめまして^^ もうすぐで77777でしたのにね…て、別にキリ番プレゼントはやっていないんですけれど…^^;

散骨でもお墓に納まっても、長い年月のうちには、結局無縁仏になってしまいますよね。
そりゃあ、代代と続く由緒ある旧家だったら話は別ですけれど。
私の場合は、遺された者達の手を一番煩わさないのが、両親と一緒の所に入れてもらうことだと思います。
「どこでもいい」と言われても、かえって困るでしょうから^^;


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。