プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/25 22:41 こゆび44

あ~失言。

失言が蔓延しております昨今ですが…^^; でも言葉って難しいですよね。こちらは全く悪気のない冗談のつもりで言ったのに、相手を不快にしてしまったり…。相手の顔色がさっと変わった時は“しまった!”と焦りますが、言ってしまった事実はもう消えません…後の祭りでございますT_T とかく失言と言うものは、親しい間柄に多いような気もします。どうしても緊張感が欠如し、甘えもありますからね。

失言してしまった時どうしたらいいのか…。本当は謝るのがベストなのでしょうけれど、一度タイミングを逃してしまうと、そのままズルズルと時が経過してしまい、結局謝罪をしなかった…となってしまいます。私は大抵このパターンで、そのくせすぐ忘れられるほど楽天家でもなく、何十年(?)も前の自分の失言をふとしたきっかけで思い出し、恥ずかしさと後悔に苛むことがございます。だからと言って今更謝罪など出来るはずもなく…。だったらそんなことはもう忘れてしまえばいいのですけれど…。あぁヤダわ…このジメジメした気質…。

反対に友人の失言(?)に対して、思わず顔面がヒクヒク…となったこともあります^^; 最近のことで思い出すのは、どういう話の流れでこうなったのかは省略しますが、友人が私に向かって「いいじゃない、親(←私の実の両親のことね)の面倒をみなくて済むじゃん`3´」と言ったのです。親の介護のことは、私達の年代にとってはデリケートな問題になりつつありますから、“面倒をみなくて済む”と言う言い方はちょっと…。
私の顔色が変わった(←鏡を見なくても自分でわかりました^^;)瞬間、彼女の顔色も変わりまして^^; そうしたら、私達2人の様子を見ていた他の2人の友人達の顔色まで変わりまして…。ここまで時間にすればほんの1秒あるかないかのことなんですけれど、あの時間違いなく不穏な風が吹き抜けていったのでございます…。
まぁ私も大人のつもりですから、「そうね~`▽´;」と笑い、他の3人もそれに合わせて笑い…何とも不思議な笑いがテーブルを包んでおりました…。

あれから彼女から連絡はありませんが、まさかこのことをいつまでも気にしているのかしら…?ま、そんなこともないしょうけれど^^; こんなことはお互い様。気にしないでね~^^Vと念を送ってみようかなぁ…。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

アンパンマンはこゆびさ~♪ | ホーム | ほっといて!
Comment
 ご苦労様です。現場で職人等に結構イ、冗談で言ったつもりなのに、怒りをかってしまい、ケンカになった事もあったけなぁ^?自分のブログに添付した画像:食事メニュー写真クイックしてみて食べれそうなのを教えて下さい。11/27 いつも御世話になっております。【関西サラリーマンは太っ腹!¥だった!】研修編!毎度、ブログ更新してますが、少しでもよかったら  <m(__)m> ペコリー また 遊びに来て下さいね・・・恐縮ですが、よかったら、コメント及び、左下の 【脳・神経・脊髄】【理系大学】【病気ブログ】【サラリーマンブログ】をプチプチッと、押して頂けたら、感謝します。では・・また・・

















智太郎さん> 冗談で言ったつもりが…相手の怒りをかってしまう…えぇ、よくあることです…。

これは智太郎さんだけではないのですが、なかなか皆さんのブログに遊びに行くことが出来ないでおります…;_; スイマセンですm_ _m
同じ九州出身の太郎君の失言癖もなかなか上手街道バクシン中ですね。
これも詰まる所は教養の差なのでしょうか?
でも一概にはいえないみたいですよ。
僕の嫌いな、読〇新聞の元会長渡辺氏なんか失言というよりも、
むしろ堂々と暴言ばかり吐いていましたよ。
ここまでいくと人間性の問題ですね。
自分が言われて嫌なことは、基本的には相手にとっても嫌なんだと常日頃から考えると、
失言の数も自然と減っていくんじゃないでしょうか?
冗談もどこまで通用するのか個人ごと見極めが難しいですね。
でも冗談いわなきゃストレスも溜るし、言いたいことはバンバン言いましょう。相手の表情が曇ったらそれ以上にお世辞を言いましょう。
 
こんばんは!(。・▽・)ノ

こゆび先生からアクションあったらホッとするのでは?
もしそうなら、まだ救いようのある方と思いますw(´゚∀゚`)

年々視野や感性は固定化されるものなのかぁ。って
最近、物凄く感じますね。
今回の失言も個の見解と思い込みがベースになっている感じしました。
いつも参考になりマス(o´ェ`o)ゞ
シツゲン・・・あるある、きっとあると思います・・・(^^;;
親兄弟の肉親のことは、ジョークではすまない部分がありますね。
ジブンは親のことミソクソ言うけど、他人が同じことを言うと
なんかこぉ・・・ミョ~な気分になります(その通りのクセにね^^;)
なんぢゃろーか?この感覚は・・・f(゜゜;;
yosiさん> はい、同郷の方の失言癖は、教養の問題ではないかと思います…。
教育があるのと教養があることとは違いますものね。
渡辺さん…私も大嫌いでございます…-_- 早く若い者に譲ればいいのに…とあの方がTV画面に出てくるたびに苦々しく感じます。

そうなんです。言いたいことをあまり胸にしまっておくとストレスが溜まります。
“それ以上にお世辞を言いましょう。”これいいですね^^V
でも私…お世辞を言うことも苦手なんです…。トホホ…。


ブミブミさん> 歳を取ると頭も硬くなり、考え方も狭くなってきますね。
自分のことを棚に上げて、人の失敗ばかり厳しくなってしまって…。いけない、いけない…^^;
何か寛容な人間になれる薬はないものでしょうかねぇ・・・。


はづきさん> 確かに肉親のことは、自分が冗談にする分には構わないと思いますが、人の肉親のことを冗談にすることは控えた方がいいかも知れませんね。
私も図々しいですけれど、自分で自分のことを「オバサン」と言うのはいいけれど、人に言われるとムッとするかも^^;
私もそれに似たような記事を書こうと思ってました。
「言っちゃいけない一言」みたいな、
実際に職場あったことを書こうと思います。
プチホスさん> 誰にでも覚えがありますよね、失言…^^;
「私は失言したことなんてない。」なんて思っている人…ただおめでたいだけだと思います^^;


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。