プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/26 22:59 こゆび44

3時間未満かぁ…

プライベートにおいてどれ位の頻度でメールをしますか?私はブログなんて書いていますけれど、実は筆不精、電話不精でございまして^^; メールも私からは用事のある時しか打ちません。それもあまり余計なことを書かず、用件のみだったりします。ま、メール依存症は殆どゼロですね^^
なので、ご機嫌伺いのメールが届いた時、返事が遅くなってしまうことが度々ございまして…。自分がメール不精なものですから、緊急の内容でないのだから、ちょっと位返事が遅くなっても相手も気にしないだろう…と判断してしまいます。でもどうやら世間では、この私の考え方はあまり通用しないようでございます^^;

子供達の間では“30分ルール”なるものがあるそうです。それは携帯メールを受け取ったら30分以内に返信をすると言う暗黙の(?)ルールだそうです。こんなプレッシャーのかかるルールは子供の世界だけのことだろうと思ったら、どうもそうでもないようで…。大人達も相手からの返信が遅くなると不安になったり、ストレスを感じたりする人がいるそうでございます。調査によると、3割強の人達が「送信から3時間未満でなければ遅い。」と感じているとのことでした。
エーーーッ!返信が3時間以上なんてザラですよ…私…。と言うか、急用でなければ殆ど3時間未満に返信することなんてありません…-_- だってメールは、電話のように相手の時間を邪魔することなく、相手も自分も好きな時間に処理することを許されていることが利点なんじゃないの?0? 私はそんな風にメールに自分の時間を支配されたくないなぁ…。こんな考え方はもう古いのでしょうかねぇ…。

余談ですが、これをきっかけにメールのことを考えてみたのですけれど、待合わせの時間を変更するような時にもつい携帯メールを使ってしまいますが、これは注意した方がいいのではないかと…。大事な用件はやはり電話を使って相手に伝えるべきなのかも知れません。


ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

2009年3月1日(日) | ホーム | 運動がしたいぜよ!
Comment
 お疲れ様です。メールねぇ? 少し前までは1日50通してた事もありましたが、今では1日10通? 2/26:修善寺由緒ある新井旅館から老人ホームへ出向してるデイ・サービスで【デイ・サービス楽しき遊び・高齢者配慮項目・いくつになっても体は鍛えた】・・【サラリーマン編】 デイ・サービス実際の写真を多くいれ、楽しんでる写真・高齢者配慮項目・お年寄りでも体を鍛えトレーニングし筋肉モリモリ:ボディビルダー写真・ハリセンボンのはるな:角野卓造:犯人写真・ダンディなアンパンマンを存分に楽しんで見て下さい。 <m(__)m> コメント等いただけたら幸いです。 遊びに寄ってやって下さいね。待ってますです。
お金があった頃は携帯でHPを見たり、ネッ友とメール交換をよくしてました。その頃は確かに、3時間待ちなんてトンデモナイ!状況でしたわ^^;。メール交換は確かに麻薬のような習慣性があります。ないと不安になり、何度も着信を確かめてしまいますね。
ド貧乏になってから、携帯を持たなくなった一時期をへて、携帯メール&ネットを思い切って止めたの。それから依存症はなくなりました。私のためにも良かったと思ってます。
携帯は便利だけど、それに振り回されないようにしないとね。
今は携帯持つのもいや。面倒なヒトからかかってくるから(;;)
智太郎さん> メール、1日50通と言うのは凄いですね。
時間も結構取られませんか…?
私は1日に10通もやってられません…-_-


きさらぎさん> そうですか、やはりメール依存症はあるのですねぇ…。
何度も着信を確かめてしまうなんて、精神的に休まらなかったのでは?
そうですよ、やめて正解ですよ、きっと^^
何でも依存症を断ち切るのは、思い切ったことをしなければダメですね^^;
面倒なヒトからかかってくる…て、これもまた…ですね+0+




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。