プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/18 11:28 こゆび44

【感想】舞台『オセロー』

~10月13日マチネ・彩の国さいたま芸術劇場にて~


人を1度疑いだすと、真実の光が見えなくなって底なし沼に落ちていく…そんなことを考えながら観ておりました。有名なシェイクスピア作品です。

結局オセローとデズデモーナ夫婦はお互いをわかっていなかったということになるのでしょうか。オセローはデズデモーナがどんなことがあっても絶対に夫を裏切ることのない女性であったこと、デズデモーナはオセローが人並み(それ以上に)嫉妬深い男性であったこと…。そこら辺をどちらかが一方でもちゃんと理解していたならばこんな結末にはならなかったのではないかな…とも思いました。
オセローがあんなに貞淑と信じていたデズデモーナを、イアゴーの単純な口車でいとも簡単に疑ってしまったのは、どんなに表面では威容を誇っていても、心の奥底では自分の肌の色に対するコンプレックスの塊であったような気がします。“デズデモーナのような美しく若い清楚な女性が自分と結婚するのはどこかおかしい…”と言うような疑問にいつも苛まされていたのかも知れません。
オセローが嫉妬に狂った時に起こすてんかんの発作の場面が印象に残っています。嫉妬の懊悩を目に見える形で表すと、きっとてんかんの発作のようなものではないかと…。私の中にも嫉妬は存在します。ぞっとしました。

オセロー役の吉田鋼太郎さん。この役者さんの芝居は何度も(得にシェイクスピア作品で)観たことがありましたが、今回もソツなくこなされておりました。スキンヘッドの少しコミカルな顔を見せるオセローで、可愛くて(?)哀しい可笑しさが切ないオセローでした。だからなのでしょうか、今回吉田さんは、オセローが愚鈍に見えないようにしたかったようですが、でも…私にはやはりオセローは愚鈍に見えてしまいました…スイマセン…。
デズデモーナの蒼井優さん。最初は若すぎるのではないか?と感じ、実際に前半は何とも子供ぽく、セリフ回しも一人浮いていた(?)ように感じてしまいましたが、後半はもうすっかり蒼井さんのデズデモーナのファンになってしまいました。いわれもない罵声をオセローから浴びせられた時の泣き顔はとても健気な感じが出ていて。デズデモーナは、たとえ世界中の全部の物を引き換えにされても夫を裏切ることはしないと断言する女性です。現実の世界においては、そんな貞節のある女性は皆無だと思うのですが(汗)、デズデモーナならそれもアリかな…と思わせる説得力のある愛らしさでした。
そして今回一番光っていたのはイアゴー役の高橋洋さん。高橋さんがイアゴー役だと知った時“こんな清潔感のあると言うか、優男と言うか…そんなイアゴーがいるのか~?”と全くイメージとかけ離れていましたが、でもいました(笑)。イアゴーが悪の心を吐露する時の低音。しびれましたね~。いかにも悪人と言う感じの役者が演じるよりも、善人ぽい(?)高橋さんのような役者さんが演じる方が、こちらのショックが大きいように感じました。これまでも高橋さんの芝居は何度か観ていましたが、このイアゴー役が私は一番好きです。しつこいですが、本当にしびれました~。

最後になりますが、この悲劇のきっかけとなるオセローがデズデモーナにプレゼントしたハンカチ。なぜエミリア(馬渕英俚可さん)は自分が拾って隠したことをデズデモーナに教えてあげなかったのでしょうか…。エミリアのデズデモーナに対する忠心や友情は何の偽りもない真実だったと思います。なのに、あんなに嘆くデズデモーナを前にしても教えてあげなかった。この矛盾が人間なのでしょうか…。憧れていても嫉妬をする。好きなのだけれども憎んでしまう。
私がエミリアだったらちゃんと教えてあげたかな…?自信はありません…。


ランキングに参加しております。気に入って頂いたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

痴漢も恥を知っている? | ホーム | OLの社会的地位なるもの
Comment
初めて書き込みます。ちょくちょく拝見しております。また遊びにきます☆
はなえさん> はじめまして。
またいつでもお越し下さいませ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。