プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/21 14:45 こゆび44

川越祭

昨日は川越祭に行ってきました。物凄い人出で、地元の友人が案内してくれなかったら、まずウロウロと無駄に行動していたことでしょう…。だんだん人込みが苦手になってきたでございます…;_; 屋台の出店数も沢山で(あんなに出店が出ているのを見たのは初めてでした)、関東中のてき屋さん達が集結してきたのではないかと皆で笑っておりました^^;
メインは山車と呼ばれるダシみたいなもので、友人の話によると、町内で1つ作るようです。キツネやひょっとこのお面を被った舞い手が囃子に乗って踊る姿が楽しかったです。
メイン通りを歩ける山車は中でも何代も続く伝統(?)がある町内だけで、友人の暮す町内は新興住宅地でよそ者が多い地域なのでメイン通りは歩けないとのことでした。何の名物も見所もない我街でさえよそ者感覚が少し残っているので(我が家もよそ者)、歴史のある街ですから、祭の際の温度差はなおさらでしょうね。

祭の賑やかさも圧巻でしたが、私が一番驚いたのは今時見せもの小屋があったこと!見世物小屋と呼ばれるものがその昔存在していたことは知っていましたが、まさか21世紀の日本にそれが残っているなんて感動ものでした。初めて本物をこの目で見ました~^^
小屋の中にはヘビ女がいるらしく、小屋の外にはヘビを抱いた女性と何故か寅さんの格好をした男性が呼び込みをやっておりました。張り紙に“ヘビを食べる(?)”と言うような宣伝文句が面白可笑しく書いてあって、猥雑な匂いがムンムン。でも私は好きですね~、ああいった雰囲気。
子供達が女性の抱いているヘビの前に集まっておりましたが、実際に小屋の中に入る人はいなく(入場料は600円だか400円だったと思います)、呼び込みの女性が「そんなに恐くないですよ~」と宣伝していたのか可笑しかったです^^; 正直興味深々だった私は入ってみたかったのですが、誰もその気がないように見えたし、また幼稚な趣味だなぁ~と思われるのも恥ずかしかったので、「入って見ようよ♪」とは言い出せませんでした…。でももしかしたら皆本音は興味があったかも知れませんよね。誰か一人言い出しっぺがいたら、「入ろ、入ろ♪」てなことになったかも…?なんて後から思って後悔してみたり…。くだらない見栄を張ってしまいました~T_T
もしまた行く機会があったら、真っ先にあの見せもの小屋に入って見るぞい!


ランキングに参加しております。気に入って頂いたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

最初の子供はやはり20代で産むべき? | ホーム | 痴漢も恥を知っている?
Comment


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。