プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/04 22:32 こゆび44

四十路につき…疎くなるもの、恥ずかしくなるもの

先週我が町の町会で防災デーが開催され、そこで私が下手な寸劇を披露したことはここでお話ししましたが、その時ケイキづけとでも言いますか、まぁ元気になろうぜ!と言うことで皆で歌を歌うことになったのでございます。で、曲目は『負けないで』だったんですね。某テレビ局の24時間テレビで毎年歌われているし、かなりヒットした歌だと言うことで、年配でも歌詞さえ印刷すれば皆歌えるでしょ、と判断したわけですよ。私も、うんこれなら歌えるな、なんてタカを括っておりました。
当日の前に少し練習したのですが、実際CDに合わせて歌ってみると…知っているのは「負けないで♪もう少し♪」のサビの部分だけなんですね。前半の部分はリズムについていけなくて…;; イントロの途中で歌い始めたり(←ここ、皆同じ所で間違えるんですよ)。何年か前、音楽室に飾られていたような音楽家に扮した欧米人が出演していたCMで、歌の出だしがなかなか上手く出来ない…そんな滑稽なものがあったと思いますが、正にそんな状態。思わず皆で笑ってごまかしていましたね。
年を取るにつれ何故か流行歌(今、こんな言い方しないですかね^^;)に疎くなるものなのですよねぇ…。歌に趣味がある人とか何かそれに携わっている人とかは別ですけれど、そうでなければおのずと疎くなってきます。最近の歌を知っていることと若さとは比例しているのではないかな。若さを測る尺度の1つですね^^; 特に私は車を運転することもないので余計疎くなってしまうみたいです…。

歌と同様に疎くなっていくものは、言葉ですかね。それも10代や20代の女子が生み出す新語のようなものに。女子高生の話していることは、さっぱりわからない時もあります。
ちょっと新語とは違うかも知れませんが、以前(今はどうなってるか知りませんけど)、“彼氏”という言葉のイントネーションが年代によって違っていることがありました。私達の年代では“レシ”と“カ”にストレスを置くんですけど、若い女の子達は“カレシ”とどこにもストレスを置かないんですね。それを知っていても、何故か若ぶって“カレシ”とは恥ずかしくって言えないんですよ、とっても抵抗があったんですね/0\
若い人と話しをしている時は、“カレシ”と言うのも気恥ずかしく、また“レシ”と言うのもオバサン丸出しなのではないか?なんて気になったり(まぁ実際オバサンなんですけどね^^;)…なるたけ“彼氏”と言う言葉を使わないようにしていました…。アホだ…。
そんな時同年代の女性と話をしていて、彼女が“レシ”と言った時は嬉しかったですね~。“おーーっ、同年代!”と、私も何の気兼ねもせず(?)“カレシ”と盛り上がったでございます。

以上、本日のつれづれでした…。


スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

○○長さんも色々… | ホーム | 究極の選択?
Comment
そうそう!
(*゜▽゜)*。 。)*゜▽゜)*。 。)ウンウン
知ってるつもりでサビの部分だけってアルアル
CMで流れてれば流れているほど
こんな曲だったんだっていうことが多いですね。

言葉って、世代ごとで変わるもの
特に我が家のお子達は自分の事を『うち』って言いますもん。
男の子女の子関係なくそう言うので
いつも訂正させてるんですが・・・
『うち』って誰やねん!って
げんえいさん、こんにちは。
あ、やっぱりそんなことあります?
こう言うのも“知ったかぶり”と言うのでしょうかねぇ…(汗)

「うち」って、関西弁で自分のことを「うち」って、最初の“う”にストレスを付けて言ったりしませんか?
それとも家の意味で言っているのですかねぇ…。
いずれにせよ、どこから覚えてくるんでしょうか…^^;


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。