プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/27 11:37 こゆび44

頑張れ!早生まれ

早生まれの子供が同じ学年の子供と、体力的・能力的に少し差がついてしまうことはよくあることでございます。得に幼稚園や小学校1.2年位までは、それが顕著に現れる場合があります。実は私も早生まれ*^^* でも成長するにつれ、それは全く気にならなくなり、中学生になってしまえば、学力やその他の能力の差に、早生まれ、遅生まれなんてことは殆ど関係なくなっていると思います。

私が子供の頃は“早生まれの不利”なんて言うものは次第になくなる…と本人達も親達もそんなに心配しておりませんでした。実際に私は、よく覚えていないのですけれど、同じ歳の子達よりも色んな面で劣っていたことがあったような気もします。でもそれでいじけることはありませんでしたし、親も全然平気でした^^;
ところが今は所謂“お受験”と言うものがございまして、幼稚園入試や小学校入試を受ける子供達が多くなってきているようで。そうなるとやはり早生まれの子はハンディがあるようなのです。約1年違うんですもの。「オギャー」とつたわり歩きの違いですよ。ハンディがあって当たり前ですよね。それでも早生まれのお子さんを持つ親御さん達は心配されて、色々と気を揉んでいるようでございます。

でもよく考えれば、人間の一生なんてマラソンのようなもの。最初の1~2Km辺りでトップを走っていたってしょうがないんですよね。最後で一番なればいいのではないのかと…。もっと長いスパンで考えてあげてもいいのではないかと…。
なんて感じていたのですが、まぁ子供がいないからこんな悠長なことを言ってられるのかも知れません…。


ランキングに参加しております。気に入って頂ければポチッとお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

いと憐れなり… | ホーム | 【感想】小説『愛の流刑地』
Comment
はじめまして、

第7回万里の長城マラソンへようこそ!
コース:5km/10km/ハーフ/10kmウオーキング
開催地:2008年五輪大会の中国北京
開催日:2008年5月1日(GW中)。

衝撃的な早割り 今実施中!
感謝祭:2007年11月25-30日
メール予約必要!

よろしくお願い致します。

日本語協力WEBサイト:
http://www.greatwallmarathon.jp
感謝祭の情報などを毎日更新する。

2007/11/27/
--------------------------------------
万里の長城マラソン責任者
     朱 貴華
greatwallmarathon_japan@yahoo.co.jp
--------------------------------------
今日は何かと変なコメントを見る日です。
げんえいも早生まれですが、そんなコト感じたこともなく育ってまいりました。
お子達もお受験なんか関係ない!という育て方なのですが・・・
そういう親御さんの気持ちもわかります。
個人差があるので一概には言えませんし、夫婦間でも子供の育て方は意見が異なります。
げんえいの学区は教育に関する意識が低いので、中学に進学すると顕著にその差が現れます。明らかな差を見せ付けられるとやはり考えざるを得ないのではないでしょうか。
その差はなかなか埋まらない物です。
>最初の1~2Km辺りでトップを走っていたってしょうがない
ほんとそう思います!
「子供のため」が「親の見栄」にすりかわらないような分別は
もっていたいなあと思いつつまだわたしも一人モンですが・・・^^;
げんえいさん> こんばんは。何か宣伝のコメントが入ってますね^^;

差はなかなか埋まらないですかねぇ。本人が本当にやる気を出したらそんなこともないと思うのは甘いですかね。
でも人間が真剣になった時って、びっくりするぐらいの力が出る時もあります。
極端な話、成人してからぐ~んと伸びていく人もいますしね^^V
環境より本人のやる気次第だと思いたいですね~。


みずたまりコさん> こんばんは。
「親の見栄」…第三者側から見た時、私も感じることありますよ。
一方、子供に苦労させたくない、と言う親の気持ちもわかるような気もします。
でも幼少の頃は、勉強しておいた方がいい、と言われても実感としてわからないんですよね^^; 社会人になって初めて気が付いたりするものなんですよね…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。