プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/08 22:31 こゆび44

ストレスのはけ口を弱い者に向けるな!

今日は午前中に病院へ行ってきました。夏になると手足の湿疹に悩まされる私…(←水虫じゃないわよん)。これが冬になると今度はかぶれに悩まされますが;-; 普段の夏ならば市販の軟膏でなんとか直るんですが、今夏は猛暑であったため、それが悪影響したのですかねぇ…。ま、皮膚科の薬は断然効きますからね。これで様子を見てみますわぁ。

今日行った医者はもう何度も行っているのですが、院長先生はお爺さん先生で優しくて丁寧で信頼出来ます。ただ何年か前、やはり腋にできた湿疹で行った時、大学病院から派遣された30代くらいの男性の医者が院長の代わりに診察していた時がありまして。私は医者嫌いで、もう本当にこれ以上我慢出来ないという地点になってやっと病院へ訪れます。なのでもう凄い症状だったんですね。
さて診察になって…それを診たその若僧(?)医者が「あぁ、これは痕が残っちゃうよ」と吐き捨てるようにのたもうたのです。その言い方が何かそれを聞いて私がショックを受けるのを面白がっているような感がありました。まぁ医者ですから、そんな安易なことは言えないでしょうけど、それでもその医者には悪意があったと私は確信しています。人間て、相手に悪意があると敏感にそれを感じるものです。
この医者の言葉を聞いて、私はショックと言うより猛烈に腹が立ちましたよ。帰り道「ああいう奴は、きっと上にはペコペコ媚びへつらう奴だ!」とか「欲求不満なんだーっ!」とか、まぁ色々と毒づいていました(腹の中で)。

私は決して色白の方ではなく、がんがん太陽を吸収していく肌なんです。なので幸い痕は何年かしたら跡形もなく消え去りました。その時私が「ざまぁみろ~^0^/」と快哉を叫んだことは言うまでもありません。
世知辛い世の中です。なので殆んどの人はストレスを内に抱えているものです。でもね、そのストレスを自分より立場の弱い者に向けるのはやめましょうよ。それだったら、自分より上の人間に反抗して暴れている方が性格的には明るいですよ、陰険でないですよ。と、私は思います。


ランキングに参加しております。気に入って頂いたらポチっと。
スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

私が若い看護士さんが苦手なワケ | ホーム | 生理現象だからしょうがない?
Comment


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。