プロフィール

こゆび44

Author:こゆび44
ようこそおいで下さいました^^
50代前半の決してバリバリでないOLです。
兎にも角にも、身内にも他人様にも迷惑をかけない“御一人様老後”を目指しています。
あまり更新は出来ませんが、どうぞご贔屓にm_ _m

最近の記事
過去の全記事
過去の記事はコチラ
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

五十路おひとり様予備軍のいつまでたっても……


--/--/-- --:-- こゆび44

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/11 13:53 こゆび44

当たってます?

最近の若者は自分を○○派のような1つのグループに所属させて、自分の場所を確認し埋没させ、目立つことを避けようとする意識が強いのだそうでございます。
人間をいくつかのグループに分けると言うと、血液型性格診断と言ったものがまず頭に浮かんできますが、実は私、血液型による性格診断ってあまり信じていないんですよ^^; そりゃあ大まかに4つに分けるだけですから、当たっているところも出てくるでしょう。でもそれはたまたまで、当たっていないところも必ずあるはずだと思います。
なので、「あ~、やっぱり△型!?そうでしょう、そう思ったのよ~♪」なんて言われてしまうと、正直あまり愉快ではありません。また、「あの人△型だから、そういうところがあるのよ!」と、単純に血液型と結びつけて人を悪く言うことも納得出来ません。

昔あるアナウンサーが、以前調べた自分の血液型が間違っていたとある日発覚したそうです(←これもちょっとコワイ話ですよね)。それまでは△型だからこういう性格と自分も周囲も納得していたことが、その日から全て覆ってしまったそうです。それからそのアナウンサーは、血液型と性格の間には何の関係もないのだと悟ったのだとか。
別に遊びのレベルで楽しんでいるくらいならいいのです。でも、事あるごとに「あなたは△型だからね」と言われてしまうと閉口します…;_; あまりにもこの分野に熱心すぎて、仕事にまでそれを持ち込む人も実際にいるのでございます。これは、見えるものも見えなくなってしまうようで、危険なことだとも思うのです。

とは言っても…人が血液型性格診断を熱く語っていると、不穏な空気にならないように「そうかも知れな~い」「当たっているかも」なんて口にしてしまう時があります…。
そんな私はA型ですけれども…何か…。


ランキングに参加しています。気に入って頂けたならポチッとお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

下がったら下げてね・・・(願) | ホーム | 時間は有効に(?)遣いたい!
Comment
最近、ブログ作りを挑戦している初心者です。ふらっと、こゆびさんのブログにたどりついたのですが、共感できることが、たくさんです^^。私も、血液型や動物占いなどで仕事してくる人にはガッカリしています。ちなみに、O型で、ぞうです(笑)
また、遊びに来てもいいですか?
わかるわかる!
わたしもいっつも「A型でしょ?」って言われるんですけど
B型です。ザマーミロ。
何事も加減が大事ですよねぇ。
都合の良い占いしか信じないまりコでした^^;
会話には乗っかりますが、心の中では「ふん!」と思ってます^^;
特に一生懸命説明を始められるとひきます・・・
O型と言われる事の多いA型です
私と同い年で同じ星座で同じ血液型の友達が居たんだけど、
性格も態度も行動も全く違うんで
「きっとどっちかが間違ってるんだよ!」
と言われるくらい違う人種でしたね。

ちなみに私はO型ですが、必ず「A型でしょう!」と言われます。
以前TVで、若者は断定することを避けるというのも聞きました。
「○○○みたいな~」ってヤツですね。
断定することで敵を作らないというか争いを避けるというか。

血液型に関するハナシはイロイロあります4つに分類は出来ないだろうというのは同感ですね~。
かくいうワタシはB型ですがO型によく間違われたりもします。
B型は会話のネタにはなりやすいですw

トリニティさん>はじめまして^^

中には「△型の人間は面接をしても採用しない。」なんて平気で言っている人もいるんですよ。これを聞いた時はさすがに唖然としましたね…-_-

これからもどうぞ遊びにいらして下さいね^^/


まりコさん>本当に「△型でしょ?」なんて違った血液型を言われると笑っちゃいますよね^^; ザマ-ミロの気持ちわかりますよん^^
ちなみに私も占いは自分の都合のよいことしか受け入れません(笑)


げんえいさん>笑って話を合わせているのもなかなかツライものもあります…。
えぇえぇ、ひく時がありますよ、私も。そんな時は笑い顔も苦笑を超えていくらか引き攣っていると思います`▽´;


プチホスさん>そういったものが全て同じでも自分と正反対の人がいるものなのですね。
でも反対に同じ年で血液型と星座が一致している人達が全て同じタイプの人間ばかりだったら、かなり人間も単純な生物になってしまいますものね^^;


雪夜さん>確かに断定してしまうことを避ける若者が多いかも知れません。若者ではないですが、私も相手によっては断定することを避けているかも…。私も争いを避けようとしてしまいますねぇ…。

うんうん、B型の人は肴にされますね^^;
こんにちは、はじめまして。
気になる記事だったので、ちょっと足跡。

確かに血液型の性格は、ずばり当てはまる人とそうでない人がある。当然です…だってあれは、統計学の数字で出しているものなんだもの。
例えばA型の人が1000人いたら、その中では几帳面な人が一番多いってことなのね。だから結局、共感する人が多くなってしまうわけ。

ちなみに私はAB型。なお、私も血液型と性格の因果関係はまったくないと思っている。そして、私をABの性格でひとくくりにする奴には、思いっきりカール・ラントシュタイナー博士の理論で対抗する。その説明をすると、みんなぐうの音もいえなくなるよ(笑)

またお邪魔します。
栗林あやさん、はじめまして^^
詳しく説明いただき有難うございましたm_ _m

カール・ラントシュタイナー博士の理論は寡聞なもので存じません^^; なので墓穴を掘ることになることになるので対抗することはやめておきますワ。

またお越し下さいませ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。